会う者、誰もが「キスしたい」と言った新人女優~小西キス~BS-TBSのYouTubeチャンネルにて、特別映像配信中

PR TIMES / 2014年11月21日 15時10分

なんと、11月20日(木)夜から翌朝まで,「小西キス」がYahoo検索ワードでも急上昇!



あなたは知っているだろうか。会う者、誰もが魅了される唇をもった女優がいることを。

彼女の名は「小西キス」。名前の由来はもちろん彼女の武器である唇にある。

名づけ親は、宮崎あおいや堀北真希を発掘した丹羽多聞アンドリウ・プロデューサー。
その丹羽プロデューサー、曰く…「彼女は、ひと目会うと、誰もがキスしたい…!と思う人物だ…!」と。
そして、彼は、彼女のコンプレックスであった唇に注目し、「小西キス」へと改名を迫ったのである。
本人はためらっていたものの、丹羽プロデューサーは「ホワイト・キス・プロジェクト」を立ち上げ、クリエーターを集め始めていた。

その条件は2つ。日本の第一線で活躍していること、そして、未熟だが可能性を秘めた彼女を応援したいという気持ちを持っていること。

その状況を知った彼女は、改名の提案を受け入れる決断をしたのだった。
そして、あなたも言うだろう。「キスしたい」と。
その完成した作品が、youtobe限定配信映像「くちびるのお話」だ。
現場のスタッフ陣誰もが、「キスしたい」と思いながら撮影を行っているため、シズル感(と下心)たっぷりの映像に仕上がった。

アイスクリームを舐める唇。
リンゴにキスする唇。シャワーの水があたる唇。
コンプレックスだったその唇をいつの間にか武器にし、観る者のヨコシマな思いを挑発する小西キス。
名は体を表すとは、まさにこのことである。
そして、映像を観た誰もが言うだろう。「キスしたい」と。

公開後、話題が話題を呼び、マイナビニュースやグノシーなど、様々なニュースで取り上げられ、11月20日(木)には、
Yahooのトップにも掲載されるなど、彼女と「キスしたい」と思うメンバーが徐々に増えていっている。

今後も様々なクリエーターとコラボしていく「ホワイト・キス・プロジェクト」
小西キスとその唇から、目が離せない。


☆「キスしたい」と思ったクリエーター陣
プロデューサー 丹羽多聞アンドリウ『ケータイ刑事シリーズ』映画『さよならみどりちゃん』ほか
監督       松原弘志  『聖者の行進』、『美しい人』タイトルバック、中島美嘉MVほか
撮影      小林基己 映画『夜のピクニック』、Perfume MVほか
照明      中村裕樹  映画『あなたへ』『ノルウエイの森』 『ラストサムライ』ほか
美術      高淵勇人  CM サントリー缶コーヒーBOSS、トヨタ  ほか

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング