モチベーション・レポート2012年

PR TIMES / 2013年3月21日 17時55分

◆モチベーションが高いのは
営業・販売系、医療関連製造業界(製薬等メーカー)
就業20年以上、55歳以上、男性、管理職、転職2回以上

◆モチベーションが低いのは
開発・製造系、IT・通信業界
就業3~4年、20歳代後半、女性、管理職以外、転職経験なし

◆モチベーションのタイプ別では
モチベーションの低い「職場環境切望型」
「自己主張しない職務遂行型」の2つで63.7%を占める


JTBグループの人事コンサルティング会社、株式会社JTBモチベーションズ(東京都港区 代表取締役社長:市川正資)は、「モチベーション・レポート2012年」をまとめました。

昨今働く人々の環境や価値観が多様化する中で、モチベーションの向上は個人や企業にとって非常に重要なものとなっています。本レポートは、モチベーション向上施策の参考資料とすることを目的とし、「やる気」分析システムMSQ*を2012年に受検した企業人のデータから3,802名のデータをサンプリング、集計し、2012年のモチベーション傾向を抽出したものです。

* 「やる気」分析システムMSQ・・・やる気を数値化し、その高さ、要因を明らかにするJTB
モチベーションズオリジナルの調査システム

* 詳細な調査レポートは、JTBモチベーションズのホームページ http://www.jtbm.co.jp/ 
よりお申込みいただけます。


<調査結果の概要>

●モチベーションが高いのは、営業・販売系、医療関連製造業界、就業20年以上、55歳以上、男性、管理職、転職2回以上。
●モチベーションが低いのは、開発・製造系、IT・通信業界、就業3~4年、20歳代後半、女性、管理職以外、転職経験なし。
様々な切り口でモチベーションの平均値を算出した結果、上記のように職種や年代による高低が明らかになりました。

◆営業・販売系が最も高く、開発・製造系は2011年よりさらに低下。職種間の差が広がる。

職種では、営業・販売系が71.2点、管理・企画系が69.0点でほぼ並び、開発・製造系は62.3点でした。2011年の分析結果から、営業・販売系が上昇し、開発・製造系が低下して、職種間のモチベーション格差が拡大しました。

昨今、各業界において開発競争の更なる激化による開発・製造期間短縮やコスト削減など厳しい環境要因が散見され、これが開発・製造系のモチベーションに影響を与えていると推測されます。


◆医療関連製造業界と小売・流通業界のモチベーションが高い。業界により異なるモチベーション傾向。
得られたデータを、業界別に分類して、モチベーションの高さを算出したところ、医療関連製造が73.4点、小売・流通が73.1点と特に高い値を示しました。逆にモチベーションの低い業界としてはIT・通信が63.1点、公共機関が64.5点でした。11のモチベーション要因への満足度を見ると、医療関連製造は職場での人間関係が円滑であるという「人間関係」と家族や親しい人からの理解や余暇生活の充実という「プライベート」がモチベーションを牽引し、小売・流通では「人間関係」と変化する環境に対応するという「環境適応」がモチベーションを牽引していました。モチベーションの高さは同程度であっても、業界によってモチベーションの要因が異なることがわかります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング