一般財団法人海外留学推進協会が、「ネバダ大学リノ校」説明会を開催

PR TIMES / 2014年7月22日 11時59分

~2014年7月30日(水)卒業生によるネバダ大学リノ校説明会を開催~

全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉澤信男)のグループ会社、リンゲージ株式会社(本社:東京都新宿区、社長:保科衛)と業務委託契約を結んでいる、一般財団法人海外留学推進協会は、米国ネバダ大学リノ校と提携いたしました。

また、下記の日程で同校の卒業生による「ネバダ大学リノ校説明会」を開催します。予約制入場無料。
URL:http://www.ryugaku.or.jp/unr/index.html

【東京・新宿】
日程:2014年7月30日(水)17時00分~18時30分
会場:東京都新宿区西新宿1-4-11 全研プラザ9階
アクセス:新宿駅徒歩3分



一般財団法人海外留学推進協会は、米国約200大学と認定を受けた世界の留学斡旋機関約50団体が加盟しているAIRC(American International Recruitment Council/アメリカ国際留学斡旋評議会)から認証を受けた日本唯一の団体。代表は、元日米教育委員会事務局長サムエル・M・シェパード氏。同氏は、日本・アメリカ合衆国間の教育交流を通じた関係強化及び我が国の教育国際化に寄与したとして、2010年11月3日に日本政府より「旭日小授章」が授与されております。

ネバダ大学リノ校は、ネバダ州唯一の"Tier 1"レベル(全米最高レベル)の大学として、長い歴史と豊富な実績を持ち、6人のピュリツァー賞受賞者を含む多くの優秀な人材を輩出してきた研究型大学です。卓越した教育機関であるだけでなく、リノ市ダウンタウンに隣接する広大なキャンパスと充実かつ最新鋭の大学施設群を持ち、ここ10年で研究機関として3倍もの飛躍的成長を遂げています。全米最大級の交換留学プログラムを運営しており、世界各地から優秀な留学生が学んでいます。大自然に囲まれ全米有数のリゾートエリアであるリノ市・タホ湖エリアの中心であるリノ市は、多数のカジノを抱え多くの世界最大規模のイベントを毎年複数開催しています。また、カリフォルニア州に面しており州都サクラメントや観光地としても有名なサンフランシスコへのアクセスも良く、治安面の心配が少ない上、リーズナブルな生活費で留学生活を送れる理想的な環境となっています。

一般財団法人海外留学推進協会では、同校へ留学を希望する学生の無料相談、願書や必要書類の案内、受付、出願手続き、学生寮の手配、ビザの取得案内などを無料で提供してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング