6社共同企画 東北の食材を使った鍋レシピコンテスト優勝作品『~東北の味の宝石箱~海宝ピリ辛つけ鍋』発売(12/10~)

PR TIMES / 2014年12月10日 13時1分

小泉進次郎復興大臣政務官も食した、贅沢つけダレで食べる “つけ鍋” 東北の新たなご当地グルメへ

株式会社ABC Cooking Studio(以下、ABC)、オイシックス株式会社(以下、オイシックス)、カフェ・カンパニー株式会社(以下、カフェ・カンパニー)、キリンビール株式会社(以下、キリンビール)、一般社団法人東の食の会(以下、東の食の会)、ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)の6社が共同で行う「東北の食材を使った鍋レシピコンテスト」で優勝した鍋レシピを、オイシックスにて商品化。その鍋食材セット『~東北の味の宝石箱~ 海宝ピリ辛つけ鍋』をオイシックスの運営する「Oisix」・Oisixヤフー店・Yahoo! JAPANの運営する「復興デパートメント」にて、2014年12月10日(水)より合計300個限定にて販売いたします。



■「東北の食材を使った鍋レシピコンテスト」 全138レシピの中から優勝レシピが決定
公募により集められた138レシピの中から、事前審査により3レシピが決勝進出。決勝試食審査は、審査員にシェフの松嶋啓介氏、パティシエの柿沢安耶氏、東北の漁師である阿部勝太氏、ゲストに小泉進次郎復興大臣政務官を招き、本年11月8日に六本木ヒルズで開催された東京ハーヴェスト2014にて開催。審査の結果、応募総数全138レシピの中から、神奈川県在住の主婦、齊藤さんのレシピが優勝いたしました。

■豪華つけダレにつけて海鮮を味わう、“つけ鍋”スタイル

商品開発にあたり、オイシックスにて優勝レシピに使用されている海鮮食材を東北から探し出して仕入れることから始まり、レシピを研究、試作。優勝者の齊藤さんに試食・ご意見いただき、商品が完成いたしました。ネバネバ、ピリ辛のつけダレに付けて食べる“つけ鍋”という方法は、審査員やオリジナル鍋を作り続けているオイシックスの商品開発チームも唸るアイデアで、これからの流行も期待できる新しい鍋が誕生しました。

<レシピの特徴>
ほたてに牡蠣!東北の海鮮食材を使い、シンプルな昆布出汁で素材の味を引き出した海鮮鍋です。なによりの特徴は、ネバトロ・シャキシャキ食感の海藻アカモクといくらを入れた、豪華なピリ辛つけダレ。さっと付けるとタレが海鮮に絡み、お好みで足す豆板醤がピリリときいてお酒にも合う鍋になりました。

■商品概要 商品名:『~東北の味の宝石箱~ 海宝ピリ辛つけ鍋』
価格:4,980円(税抜、送料込)4人前
発売日:2014年12月10日(水)
東北食材:牡蠣(岩手県宮古産)、ほたて(岩手県宮古産)、いくらの醤油漬け(岩手県宮古産)アカモク(宮城県松島湾産)
セット内容:こだわりの野菜の数々、海鮮食材、スープまですべて【オールインワン】でお届けするセットです。
(牡蠣/ホタテ/海老/アカモク/いくら/アワビ/白菜/大根/しいたけ/にんじん/長ねぎ/豆腐/鍋スープ/豆板醤)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング