東松島市で農業IoT「ゼロアグリ」導入~生育ステージに合わせて全自動でと肥料を供給するAI灌水施肥システムの導入~

PR TIMES / 2019年6月3日 15時40分

KDDI/KDDIエボルバ/ルートレック・ネットワークス/エコモット/宮城県東松島市

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠、以下 KDDI)は、宮城県東松島市野蒜地区で株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤 雅己、以下 KDDIエボルバ)が運営する「幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜(のびる)」(注1)へ、IT活用による農作業の省力化および農産物の収量向上と味の向上を目的に、AI潅水施肥(かんすいせひ)システム「ゼロアグリ」を導入します。また、農産物の生育状態を遠隔から動画にて把握することを目的に屋外クラウド録画パッケージと、圃場内の温度状況に応じて日射量を自動調整することを目的に遮光カーテンを導入します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-850443-17.jpg ]

左から、幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜 稲葉所長、KDDIエボルバ 中澤社長、東松島市 渥美市長、KDDI地方創生支援室 福島マネージャー
[画像2: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-954304-12.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-204883-13.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-892804-10.jpg ]

今回の農業IoTの導入は、宮城県東松島市(市長: 渥美 巖、以下 東松島市)、KDDI、KDDI総合研究所とKDDIエボルバが、2018年11月30日にSDGs未来都市 (注2)の推進による地域活性化を目的とした協定 (以下 本協定) を締結した取り組みの一環です。


従来の栽培方法で作物に水や肥料を供給する場合、タイマーなどを使用する場合が多く、潅水・施肥の量やそれらを供給するタイミングは、生産者自身が判断して設定を行う必要があり、栽培には経験とノウハウが必要でした。

「ゼロアグリ」は、日射センサーと土壌センサーの情報を基に、作物の成長に合わせた必要な水の量をAIが算出・判断し、適切なタイミングで点滴チューブより自動で供給するため、潅水と施肥の作業時間を大幅に軽減します。さらに、土壌は常に最適な水分状態が保持され、作物にとってストレスの少ない環境を実現することにより、従来の慣行栽培と比べ収量・品質の向上と省力化および水・肥料の削減につながります。

また、農産物の生育を映像として記録する屋外クラウド録画パッケージを導入します。撮影された動画はau 4G LTE回線を通じて「KDDI IoTクラウド Standard」に保存され、スマートフォンやPC、タブレットからリアルタイムの閲覧や、過去30日間の映像の確認も可能です。

さらに、圃場(ビニールハウス)の日射量を調整することを目的に、圃場内の温度に応じて自動で開閉する遮光カーテンも導入します。

今後も、東松島市とKDDIグループは、相互連携と協働による活動を推進し、5Gを見据えたICTをはじめとする資源を有効に活用していくことで、東松島市のSDGs未来都市を推進し地域活性化を図っていきます。

<参考>東松島市とKDDIグループ、地域活性化を目的とした連携に関する協定を締結(2018年11月30日)
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/11/30/3508.html
https://www.k-evolva.com/news/detail20181130.html

[画像5: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-466783-5.png ]


■「ゼロアグリ」について
1.概要
日射・土壌センサーで取得した情報を基に、AIが自動で潅水施肥管理を行うシステムです。日々の天候と作物の成長に合わせて潅水施肥の供給量(培養液の供給量)を決定するため、肥料の利用効率が高く、環境に優しい栽培システムが構築可能です。加えて、作物の安定した品質と収量を図り、潅水施肥の作業時間を大幅に低減します。

2.内容


潅水施肥の完全自動化が可能
計測データおよび天気予報をもとにAIが分析し、作物・生育ステージごとに最適値を算出し自動で水と肥料を供給します。
栽培環境(主に地下部)の見える化と潅水・施肥量の通知が可能
タブレットやスマートフォンで、センサーデータと水と液肥の供給量の情報共有が可能です。従来見えなかった栽培環境(地下部)や、農家の技術を見える化することにより、栽培技術の向上を図ります。
作物の収量・品質向上への寄与
潅水施肥の適正化で収量向上を図ります。


<ゼロアグリ全体概要>
[画像6: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-818438-7.png ]

3.提供会社
株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐々木 伸一)

■屋外クラウド録画パッケージについて
1.概要
遠隔地からネットワークカメラの映像を通し、農産物の生育状態を動画で確認可能です。遠隔でカメラの操作が可能なことにより、視点を移動して圃場全体の確認ができます。また、過去30日間のアーカイブ動画の閲覧も可能です。
圃場のリアルタイム監視により、農産物の生育状況をきめ細やかに確認できるとともに、「ゼロアグリ」導入効果(収量向上など)をアーカイブ動画の活用により目視でも確認が可能です。

2.内容


パン・チルト、光学20倍ズーム機能搭載で360°の視野を実現
パン・チルト、光学20倍ズーム機能を搭載し、遠隔地から操作できることにより、撮影する対象物が画角から外れたり遠く離れたりした場合でも、現地に行くことなく、パソコン・スマートフォンから画角を調整し、鮮明に対象物を確認することが可能です。
録画データのクラウド保存(30日間)
録画データはクラウドに保存されるため、録画機器が不要です。さらに、万が一のトラブルでもデータが失われることがありません。

<屋外クラウド録画パッケージ>

[画像7: https://prtimes.jp/i/19180/54/resize/d19180-54-448567-8.png ]



3.提供会社
エコモット株式会社(本社:北海道札幌市、代表取締役:入澤 拓也)

■各者の役割について


KDDI: 通信環境、クラウドサーバーの提供
KDDIエボルバ: 実証機器の調達と実証フィールドの提供、およびIoT導入による効果検証
ルートレック・ネットワークス: AI潅水施肥システム「ゼロアグリ」の提供および技術サポート
エコモット: 屋外クラウド録画パッケージの提供
東松島市: 市内関係者との調整、広報やPR活動



(注1) 「幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜」については、こちら( https://www.k-evolva.com/recruit/challenged/nobiru/)をご参照ください。

(注2) SDGsの理念に沿った基本的・総合的取組を推進しようとする都市・地域の中から、特に、経済・社会・環境の三側面における新しい価値創出を通して、持続可能な開発を実現する潜在能力が高いと選定された都市・地域

本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。



プレスリリース(企業サイト) https://www.k-evolva.com/news/detail20190601.html
報道関係者さまからのお問合せ先  広報窓口 03-5326-6462 / adv@k-evolva.com
法人のお客さまからのお問合せ先  法人窓口 0120-926-736(平日9:00-17:30)


■株式会社KDDIエボルバ について

本  社 :〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト
設  立 :1996年5月
代表者 :代表取締役社長 中澤 雅己
資本金 :1億円 (KDDI株式会社100%出資)
事業内容 :コンタクトセンターを中心としたBPO(Business Process Outsourcing)事業
企業URL : https://www.k-evolva.com/

KDDIエボルバは、コンタクトセンターを中心としたBPO(Business Process Outsourcing)事業を展開しています。近年では、電話やメールの既存チャネルに加えて、オムニチャネルソリューションとして、「SMS」、ビジュアルIVR「VisualMenu」、Web・LINEを通じたAIチャットボット「AIChat」、有人によるチャットサポート「HumanChat」など、ITと人を融合したBPOサービスをご提案しています。通信・金融・EC・自治体等幅広い業界の企業様へのご提供実績・ノウハウを基に、高品質なコミュニケーションサービスを提供してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング