1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

2021年4月10日(土)コンサートで発表!キャラクターデザイン学科の学生たちが、シンガーソングライター池田綾子「明日への手紙」のMV(ミュージックビデオ)を制作。

PR TIMES / 2021年4月7日 19時15分

コンサートにてMVを発表、上映。合わせて学生たちが制作した「ミュージックトレーディングカード」と「コンサートポスター」を贈呈します。

本件のポイント
・学生たちが、シンガーソングライター池田綾子さんによる名作「明日への手紙」のミュージックビデオを制作。
・学科のゼミ授業では初となる音楽、CG、グラフィック、企画による音楽ビジネスとの社会実装としての取り組み。
・2021年4月10日(土)池田綾子さんのコンサートにて、MV作品を上映。



[画像1: https://prtimes.jp/i/26069/54/resize/d26069-54-462352-0.jpg ]

// 概要
京都芸術大学(京都市左京区/学長 吉川左紀子)キャラクターデザイン学科の学生たちが、シンガーソングライター池田綾子さんによる名作「明日への手紙」のMV(ミュージックビデオ)を制作。このたび完成した作品の発表を2021年4月10日(土)に京都文化博物館にて行われる池田綾子さんのコンサートにて上映することとなりました。



「明日への手紙」
作詞作曲は、シンガーソングライターの池田綾子さん。透明感溢れる歌声が魅力の手嶌葵さんの5枚目のシングルとして2016年に発売。フジテレビのドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(2016年放映)の主題歌として起用され、「この冬、もっとも切ない歌」として話題となり、ドラマと共に幅広い世代から注目されました。




取材いただけます。ぜひご取材ください(前日4/9までに要申込)。
コンサートでのMV上映の様子を取材いただくことができます。MV上映および「明日への手紙」歌唱後、9名の学生たちが登壇し、合わせて制作した「ミュージックトレーディングカード」と「コンサートポスター」を贈呈します。トレーディングカード裏面にQRコードが配され、MVが見られる仕様。
日時:2021年4月10日(土)13時開場 ※13時30分開演
会場:京都文化博物館
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_gallery_hall/exhi_hall/
※地下鉄「烏丸御池駅」から徒歩3分


京都芸術大学 広報課
担当:作山、市川
TEL:075-791-9112
Mail:kouhou@office.kyoto-art.ac.jp


[画像2: https://prtimes.jp/i/26069/54/resize/d26069-54-796918-2.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/26069/54/resize/d26069-54-126849-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/26069/54/resize/d26069-54-694270-4.jpg ]


// MV制作プロジェクトの背景
著名マンガ・アニメ作品展やゲーム開発会社などとコラボレーションする産学連携プロジェクトや、学外コンペへの出品・受賞など、社会を意識し、企画力や技術を磨く機会の多いキャラクターデザイン学科ですが、MV制作は初となる取り組み。アニメやCG、グラフィック、音楽プロデュースなどのゼミ生16名が横断的に制作に取り組みました。

担当教員は、音楽プロデュースやメディア・プロモーションを専門とする小岩左忠教授。ユニバーサルミュージック合同会社の音楽プロデューサーやNPO法人映像産業振興機構(VIPO)事業プロデューサーとしてのキャリア経験を基本にした、実践型の指導を行っています。

今回のMV(ミュージックビデオ)制作授業では、その制作手法に留まらず、現状の音楽業界をリサーチすることから、宣伝販促や配信までの音楽ビジネスを社会実装として広範に学ぶことで、A&R プロデューサー 育成を目的としています。

※A&R(Artists and Repertoire)とは、レコード会社における職務の一つで、アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当。


// 指導教員 小岩左忠(キャラクターデザイン学科 教授)より
私の担当する「音楽プロデュース」のゼミでは、「音楽によって何を作り、何ができるか」を考え、向かうべき方向性を追求し、音楽視点から音楽の未来と向き合うことを目的としています。今回は、映像系のゼミとも連携し、シンガーソングライター池田綾子さんによる名作「明日への手紙」のミュージックビデオを制作するという産学連携及び社会実装型の授業で、プロデュースを実践的に学ぶ内容になっています。

人々は困難に立ち向かうとき、繋がりを大切にしてきました。今、この不安や混乱の時期を乗り越えるために、音、映像、言葉、楽しいことや大好きなことで“繋がる”事を大事に、横断的な体制でMV制作に取り組みました。

MVでは、「明日への手紙」の世界観を表すうえで、過去・現在・未来の時間軸を行き来しながら、これからの未来に希望を馳せ、そっと寄り添うような作品に仕上がっています。また、アニメやCG、実写等の様々なアプローチを組みわせることで、重層的な作品を作り上げました。


[画像5: https://prtimes.jp/i/26069/54/resize/d26069-54-627328-1.jpg ]


池田綾子(シンガーソングライター)
東京都出身。武蔵野音楽大学音楽学部声楽科卒業。
2002年から音楽活動を開始。日本語の「響き」を大切にした歌詞と旋律、クラシックの発声を基調とした独自の歌声を持つシンガーソングライター。
7枚のアルバムと11枚のシングルをリリース。NHK「みんなのうた」、NHKBS「にっぽん縦断こころ旅」のテーマソング、2014年 手嶌葵に楽曲提供したフジテレビドラマ主題歌「明日への手紙」は2016年国際ドラマフェスティバル in TOKYO 東京ドラマアウォードにて主題歌賞を受賞。2017年JR九州クルーズトレイン「ななつ星in九州」イメージソングやその後多数のアーティストに作品提供を行い現在に至る。
また、世界遺産・屋久島の音楽祭「やくしま森祭り」を立ち上げ15年目を迎える。
https://www.ikedaayako.com/


「明日への手紙」MV制作プロジェクトに寄せて
「明日への手紙」のテーマは過去・現在・未来、滲み、重なり合うです。
どうか自由に新しい「明日への手紙」の物語を紡いでいただき、
これから生まれ出る皆さまの作品の中に、
私も新しい扉を見つけられるような気がしています。
大変な春の幕開けでしたが、心の中の大きな空間の中、作品作りの旅をぜひ楽しんでください。
お一人お一人との出会いに、感謝を込めまして。

シンガーソングライター・作詞家・作曲家 池田綾子



// キャラクターデザイン学科とは
「アニメーション」「CG」「ゲーム」「キャラクターイラスト」の4つの領域にわけ、専門技術と発信力を身につけ、キャラクターを生み出すスペシャリストを育成する学科。
著名マンガ・アニメ作品展とのコラボレーションといったプロジェクトや、学外コンペに出品・受賞など、社会を意識した企画力や技術を磨く機会に溢れており、専門スキルを得るだけでなく、キャラクターの可能性をさらに広げることを目指している。
また、各専門領域とプロデュース力を培う授業を連携させることで、1つのキャラクター素材をさまざまな業界、媒体に展開する力を養っている。
https://www.kyoto-art.ac.jp/art/department/character/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング