1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

北海道エリア初進出  札幌市街地のテレワーク需要に対応 『BIZcomfort札幌』 2021年9月1日(水) オープン 生産性向上や非常時の事業継続性確保(BCP)の一助に

PR TIMES / 2021年7月19日 15時15分

レンタルオフィスとコワーキングスペース事業を行う株式会社WOOC(所在地:東京都品川区、代表取締役:阪谷 泰之)は、2021年9月1日(水)にシェアオフィス『BIZcomfort(ビズコンフォート)札幌』をオープンします。本シェアオフィスは、BIZcomfortの北海道第一号店舗です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-bc8c092e374d83f2e218-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-35fc324d540096561bf7-1.jpg ]


新型コロナウイルス感染症対策として急速に拡大したテレワーク。札幌市でも導入する企業が増えています。実際に北海道内で導入した企業からは「非常時の事業継続性の確保(BCP)」や「時間の有効活用による業務効率の向上」、「オフィススペースや紙などのオフィスコストの削減」がメリットとして挙げられています。また従業員からも「通勤時間がないため自由になる時間が増えた(ワーク・ライフ・バランスの向上)」や「電話や来客等がないため仕事に集中できた」といった声が聞かれています。

■テレワークを導入して分かったメリット(経営者/従業員)
[画像3: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-1fad1b8dfbafaf4e03bd-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-c35e598043f340d7815b-3.jpg ]


出典:「令和2年度(2020年度)道内民間企業におけるテレワーク普及実態調査の結果について」北海道庁経済部雇用労政課

『BIZcomfort札幌』は、生産性の向上や非常時の事業継続性確保(BCP)の一助となるよう、札幌市民の方々のワークスペースとして活用いただけることを目指します。
※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりオープン日が変更となる可能性があります。


▼『BIZcomfort札幌』の特徴
特徴1. THE PEAK SAPPORO1Fにオープン
本シェアオフィスは、2021年6月竣工の「THE PEAK SAPPORO」の1Fにオープンします。フリー席59席、固定席10席、完全個室のレンタルオフィス42戸、総面積673.10平方メートル の大型シェアオフィスとなります。「THE PEAK SAPPORO」には充実した共有ラウンジの他、見晴らしの良い休憩室などもあり大変便利です。
[画像5: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-655c637b91a5fc95c294-4.jpg ]


特徴2. 集中できるソロワークスペース
コワーキングスペースは、間仕切りを効果的に配置し、一人で集中して作業が出来るよう「個」を意識したレイアウトになっています。また間仕切りがあるため、感染症対策としても安心です。自宅ではなかなか集中できない、といった方におすすめです。

[画像6: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-38ff8de0d888807aefd6-5.jpg ]


特徴3. 24時間365日オープンで自習にも
当施設の最大の特徴は、24時間365日利用できること。仕事や自習、副業や朝活など、ライフスタイルに合わせて利用できるので、ワーク・ライフ・バランスの向上にもつながります。また北海道大学すぐの場所にあり、大学生の自習スペースとしても活用いただけます。


特徴4. 完全個室のレンタルオフィスは保証金・敷金一切不要!
通常のオフィスを借りると保証金や敷金がかかりますが、当施設のレンタルオフィスでは一切不要。テレワークや個人事業主の方におすすめの1名用と、スタートアップやサテライトオフィス検討の方にぴったりの2~4名用も用意しました。 インターネット環境を完備しているため、PCひとつですぐに使えるのも魅力です。
※別途契約金が必要です。
[画像7: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-ba04dc660008e23f6009-6.jpg ]


特徴5. 使い方によって自由に使い分けができる多様なブース
コワーキングスペースは、食事のできるカフェブース、電話・WEB会議専用の個室のテレフォンブースなど、ニーズに合わせて使えます。コワーキングスペースのプランでも法人登記ができ、低コストでのスタートアップが可能です。レンタルオフィス会員の方は、休憩や気分転換の場としても使え、1日中オフィスにいても快適に過ごせます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-490dbe9976e205bdf4e4-7.jpg ]


特徴6. ドロップインや会議室のスポット利用も可能
 コワーキングスペースのドロップイン(一時利用)や会議室のスポット利用も可能です。会議室は6名用、10名用の2部屋用意しています。大型モニターも完備しており、打合せや商談、面接などにも大変便利です。


特徴7. 感染症対策の実施
当施設では、利用者が快適に過ごせるよう、以下の感染症対策を行っています。
1. コワーキングスペース・共有部利用時の手指消毒・マスク着用
2. 飛沫防止パーテーションの設置
3. 空間除菌装置の設置


[画像9: https://prtimes.jp/i/43878/54/resize/d43878-54-aa9d8d55f1ec91642093-8.jpg ]


▼『BIZcomfort札幌』施設概要
住 所  :北海道札幌市北区北10条西3丁目23番地1 THE PEAK SAPPORO 1階
アクセス:札幌市営地下鉄南北線「北12条駅」徒歩3 分/JR函館本線・千歳線「札幌駅」北口徒歩5 分
利用料金:【コワーキングスペース59席】 月額2,200円(税込)~ ※プランにより異なる
【レンタルオフィス42戸】 月額37,400円(税込)~※別途共益費
設 備  :Wi-Fi/フリードリンク/無料プリンター/会議室/登記可/コンシェルジュ
■HP(BIZcomfort札幌) https://bizcomfort.jp/hokkaido/sapporo.html

▼「BIZcomfort」について
近年は働き方が多様化し、フリーランスや副業、スタートアップなど、自分の特技や強みを生かした働き方を選択する人が増加しています。さらに企業側も、働き方改革の一環で、コワーキングスペースを用いたテレワークや、子育て・介護世代が自宅近くでも働けるサテライトオフィスを設置する傾向にあり、働くスタイルや意識が大きく変わろうとしています。
そんな背景の中、当社では「はたらくをもっと自由に快適に!」をコンセプトに、シェアオフィス『BIZcomfort』を運営。関東・関西を中心に、全国展開に向けて積極的に拡大しております。

【会社概要】
商号:株式会社WOOC(ウォーク)※2017年9月25日をもちまして株式会社リビング・エージェントより社名変更
代表:代表取締役 阪谷 泰之
本社所在地:東京都品川区西五反田2-30-4 BR五反田ビル7F
電話:03-5789-3323
設立:2008年9月
資本金:11,000万円(資本準備金5,000万円含む)
売上高:3,771,756,155円(13期)
店舗数:レンタルオフィス113拠点・コワーキングスペース92拠点(提携店舗・新規オープン予定を含む)
従業員数:計 135 名(社員 59名・パート 76名)※2021年6月時点
事業内容:レンタルオフィス事業・コワーキングスペース事業・住宅サブリース事業・リフォーム・リノベーション事業・不動産管理・仲介事業・不動産売買仲介事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング