次世代クラウド型IP電話の新サービス「Startia Cloud Voice」2018年10月1日(月)から正式提供開始

PR TIMES / 2018年9月19日 17時1分

働き方改革を支援。外出先でもスマホで内線が利用可能。1ユーザー月額500円(税別)から

 スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、子会社スターティア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:笠井充)が、新サービス「Startia Cloud Voice」を2018年10月1日(月)から正式に提供開始することをお知らせいたします。当サービスは従来弊社で提供してまいりました「スターコネクト」の後継サービスと位置づけており、対象エリアを限定せず、全国で利用可能です。また、当社の請求書一括請求サービスの「スリムビリング」にも適用しており、よりワンストップでのサービス提供が可能となっております。



 「Startia Cloud Voice」はPBX(構内交換機)をクラウド化することで、オンプレミスでの主装置が不要になり、リモートでの操作が可能です。そのため、作業員の派遣費も削減することができ、即時対応とコスト削減の両方を実現できます。

 昨今の働き方改革の流れで、自宅、リモートオフィスでの就業が進む中、本サービスを利用するとスマートフォンを会社の電話として利用することが可能になり、業務の効率化と社内の固定電話の削減につながります。

 ユーザーの基本料金は500円(税抜き)から提供しております。(別途機器代金が発生します。詳しくは弊社までお問い合わせください)また、当社の請求書一括請求サービスの「スリムビリング」にも適用しており、通信会社ごとに社内処理している支払い手続きも当社にお支払い頂くだけで済み、社内請求処理業務の軽減が可能となります。(プランによっては当社以外からの請求処理が発生する場合もございます。)

■Startia Cloud Voiceの特徴
1.スマートフォンを内線電話として利用可能
2.クラウドPBXとなり、遠隔でのリモート設定が可能で、派遣費などの設定変更にかかる費用が削減
3.IP電話(LANケーブルでの配線)のため、社内のレイアウト変更を行う際には電話配線工事は不要
4.提供エリア内では移転しても番号が変わらない

■「ビジ助」に加入のお客様は、ビジネスフォン無料交換サービス
 2018年1月より提供する弊社サービスの「ビジ助」に加入されているお客様は、「Startia Cloud Voice」の端末が故障してしまった場合には、何度でも交換機器を郵送にてお送りし交換させて頂きます。
対象機器:専用ルーター、設置型電話器、コードレス電話機、ATA
[画像: https://prtimes.jp/i/16877/55/resize/d16877-55-867159-1.png ]

詳細につきましては、「ビジ助チャンネル」(URL: https://bizisuke.jp/)をご覧ください

■スターティア株式会社について
中小企業向けのITソリューションに強みがあり、OA機器からクラウドソリューションまで幅広いサービスを提供しております。
・会 社 名: スターティア株式会社
・所 在 地: 〒163-0919 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
・代 表 者: 代表取締役社長 笠井 充
・事業内容: システムインテグレーション・セキュリティ対策、通信システム機器販売・設計・施工・保守メンテナンス、OA機器販売・設計・施工・保守メンテナンス
・U R L:  https://www.startia.co.jp/

■会社概要
会 社 名: スターティアホールディングス株式会社
所 在 地: 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19F
代 表 者: 本郷秀之
上場取引所: 東京証券取引所 市場第一部 (証券コード:3393)
事業内容: グループ会社の経営管理等
U  R  L:  https://www.startiaholdings.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング