新しいライフスタイルチャンネル「QUEST by Discovery」 5月1日(水)より「AbemaTV」に登場

PR TIMES / 2019年4月26日 18時40分

日本初公開コンテンツをはじめ、幅広いジャンルの番組を毎日放送!

ディスカバリー・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:デービット・マクドナルド)は、新たなライフスタイルチャンネルブランドとして、「QUEST by Discovery」(読み:クエスト・バイ・ディスカバリー)を日本でローンチし、2019年5月1日(水)より、株式会社AbemaTVが運営する無料で楽しめるインターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」にて放送を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27683/55/resize/d27683-55-871257-0.jpg ]


「QUEST by Discovery」は、世界最大級のネットワークを持つDiscoveryが日本で展開する、デジタル世代向けの新しいライフスタイルチャンネルブランドです。お馴染みのサバイバル、クルマ、ミリタリーの人気番組に加え、Discoveryの幅広いネットワークの中からライフスタイルやクライムなどの日本未公開コンテンツを充実させ、日本初公開番組も続々放送。グローバル規模のリアル・ライフ・エンターテインメントを日本の視聴者にお届けします。

「AbemaTV」独占かつ日本初公開となる番組として、5月より画期的なトラック改造技術を持つカスタムトラックの製作現場に密着する「ディーゼル・ブラザーズ」の放送をスタートします。6月以降は、4人のドラァグクイーンが花嫁のメイクやファッションを手掛けて結婚式の成功を全面サポートする「Drag Me Down The Aisle(※邦題未定)」やカスタムバイクを製作する名物親子のストーリー「アメリカンチョッパー・リターンズ」などの新番組が続々登場する予定です。

Discoveryは「リアル・ライフ・エンターテインメント」におけるグローバルリーダーとして、全世界で年間 8,000 時間以上のオリジナル番組を放送し、様々なジャンルにおいて世界中で多くのファンを魅了しています。今回の新チャンネルブランドのもと、「AbemaTV」を通じて日本初のユニークな番組を展開することで、国内の視聴者層の拡大を目指します。ディスカバリー・ジャパンは、世界最大級のネットワークを持つ映像コンテンツ力を有効活用し、今後も引き続き、日本のお客様にとって魅力的なコンテンツを提供してまいります。

日本初公開 番組概要
「ディーゼル・ブラザーズ」(5月1日~放送予定)
ディーゼル・セラーズのディーゼル・デイブとヘビーDは平凡なトラックをクールなカスタムトラックに変身させるエキスパート。クレイジーともいえる画期的なトラック改造技術で世界中から注目を集めている存在だ。SNSでも人気を博す彼らのYouTube動画再生回数は数百万回を達成。フェイスブックのフォロワーは70万人を超え、ショップをオープンした初日には、20万ドルの売上を記録したといわれる。デカくてイカしたトラックを喜々として作り出すディーゼル・セラーズのユニークなカスタムトラック製作現場に密着する。
[画像2: https://prtimes.jp/i/27683/55/resize/d27683-55-540238-1.jpg ]



「Drag Me Down The Aisle」*邦題未定(夏頃放送予定)
米国で今年3月に公開されたばかりの最新作。ウェディングプランナーやファッションをはじめ各業界のエキスパートである4人のドラァグクイーンが、花嫁にとって最も大事な日、結婚式の成功を全面サポート。結婚式を控え自分自身に自信を持てない、不安いっぱいの花嫁を助けるべく、ウェディングプランナーのBEBE、ファッションエキスパートのJUJUBEE、ビューティー&ボディ・イメージ専門のALEXIS、そしてミュージック&エンターテインメントのTHORGYが、それぞれの分野で活躍する。結婚式当日の花嫁の美しさと盛り上がりのインパクト大。女性はメイクやファッションにも注目。笑い、涙、喜び、驚き、そして感動に満ちた、生き生きしたリアル・ライフ・ストーリー。
[画像3: https://prtimes.jp/i/27683/55/resize/d27683-55-518650-2.jpg ]


「アメリカンチョッパー・リターンズ」(6月以降放送予定)
依頼人のイメージにあったカスタムバイクを製作するアメリカンチョッパー。オレンジカウンティ・チョッパーズを経営する父親シニアと、ポール・ジュニア・デザインズを経営する息子ジュニアの名物親子が再び帰ってきた!
シニアはオレンジカウンティ・チョッパーズをカフェやショップ、レストランなどの複合施設に改装。一方息子のジュニアは家族との関係に新たなストレスを感じていた。バイク製作への熱意はずっと変わらない2人が、お互いの関係修復に向けついに歩み出す。
[画像4: https://prtimes.jp/i/27683/55/resize/d27683-55-412530-4.jpg ]


「QUEST by Discovery」について
世界最大級のネットワークを持つDiscoveryが日本で展開する、デジタル世代向けの新しいライフスタイルチャンネルブランド。お馴染みのサバイバル、クルマ、ミリタリーの人気番組に加え、Discoveryの幅広いネットワークの中からライフスタイルやクライムなどの日本未公開コンテンツを充実させ、日本初公開番組も続々放送。グローバル規模のリアル・ライフ・エンターテインメントを日本の視聴者にお届けします。

「Abema TV」について
「AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。2016年4月の本開局から3周年を迎え、『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』や『蒼井そら出産当日アジア同時生中継~Welcome to the world, Sola's baby~』などの特別番組をはじめ、人気アニメ作品のスペシャル編成など、3周年を彩る番組を数多く放送してまいります。

その他、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルも全て無料でご覧いただけます。登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応しています。さらに、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」やいつでも見たい番組を何度でも楽しめるオンデマンドエンタテイメント「Abemaビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。

「Abema TV」概要
名称:「AbemaTV(アベマティーヴィー)」
配信:PC(ブラウザ)/ Google Play /App Store
推奨環境:
・PC版
推奨OS:Mac OS X 10.10以降、Windows 8.1以降
推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、
Internet Explorer 11以降(Windows)
推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player
・Androidスマートフォン/タブレット
推奨環境:Android4.4以降
・iPhone/iPad
推奨環境:iOS9.0以降のiPhone(4S以降)、iPad(2以降)、iPad Air、iPad mini
・テレビ
シャープ AQUOS
ソニー 4Kブラビア(R)
パナソニック 4K ビエラ

東芝レグザ(6月上旬対応予定)
レオパレス21 LifeStick
Amazon Fire TV 4K
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
AppleTV (第4世代)
CCCAIR AIR Stick 4K
Google Chromecast (推奨環境:第1世代以降)
・VRデバイス
Google Daydream View
OS:Android7.0以降
・スマートスピーカー
Amazon Echo Dot
Amazon Echo
Amazon Echo Plus
利用料金   : 無料

ディスカバリー・ジャパン株式会社について
米国Discoveryの日本法人。1985年6月より米国でディスカバリーチャンネルの放送を開始。現在220以上の国と地域、45言語にて放送を行っており、世界27億世帯が視聴可能な世界最大級のノン・フィクションメディア企業です。Discoveryは、リアル・ライフ・エンターテインメントにおけるグローバルリーダーとして、年間8,000時間以上のオリジナル番組を放送し、様々なジャンルにおいて世界中で多くのファンを魅了しています。近年は、EUROSPORTやディスカバリー・キッズを軸としたエンターテインメント事業への拡大を積極的に行っています。日本国内においては、1997年より「ディスカバリーチャンネル」、2000年より「アニマルプラネット」のCS放送を開始。2017年10月にはデジタルメディアの展開をスタートし、宇宙、ネイチャーなど地球上で起きている驚きのあるストーリーを厳選しタイムリーに配信しています。さらに2018年1月に国内初のクルマ・バイク専門チャンネル「Discovery TURBO」をローンチ。
www.discoverychannel.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング