三菱一号館美術館が開館10周年 10周年記念WEB企画「わたしだけの三菱一号館美術館」実施!

PR TIMES / 2020年4月6日 17時15分

三菱一号館美術館(東京・丸の内)は、2020年4月6日に開館10周年を迎えました。
ご自宅でもご覧いただけるWEBサイトを通して、当館の魅力を再発見いただく企画をお知らせいたします。当館は臨時休館中のため、予定しておりました開館記念日イベントは中止となりましたが、この10周年の記念日を皆様と共有できれば幸いです。



◇◆「わたしだけの三菱一号館美術館」の楽しみ方!◆◇◆

(1)TOPページデザインとコンテンツをセレクト!
WEBサイトのデザインとコンテンツをカスタマイズして、「わたしだけの」三菱一号館美術館10周年記念サイトをお楽しみいただけます。TOPページのデザインとコンテンツを選ぶ4ステップで、簡単にカスタマイズが可能です!

(2)完成したサイトをSNSでシェア!
完成した「わたしだけの三菱一号館美術館」はSNSでのシェアが可能です。カスタマイズされたサイトが共有されますので、皆さまが選んだ「わたしだけの」10周年記念サイトをシェアしてみてください。
早速、こちらからアクセスしてお試しください!  https://10th.mimt.jp/

[画像1: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-392492-0.jpg ]



【三菱一号館美術館10周年記念サイトについて】
「展覧会入場者数ベスト5」やポスターデザインで振り返る「全31種のポスター」、建物と歴史にフォーカスした「三菱一号館について」など、これまでの当館の歩みを振り返りつつ、角田光代さんのエッセイ、黒柳徹子さんと館長のスペシャル対談など、コンテンツも盛りだくさん。
皆さまからのメッセージも公開します!
[画像2: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-745289-16.png ]


◆◇◆三菱一号館美術館10周年 × 新しい私 書店!◆◇◆
協力書店にて「リアル・新しい私 書店」が登場します!
当館が運営する、架空の本屋さん「新しい私 書店」が、「リアル・新しい私 書店」として協力書店に登場します!各書店さんが独自の切り口でテーマを設定、書籍をセレクトしています。また、協力書店では「新しい私書店」しおりも配布いたします!

[画像3: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-464124-11.jpg ]

<スポーツと社会>


紀伊國屋書店 大手町ビル店
住 所:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル1階
電話番号:03-3201-5084
サ イ ト : https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Otemachi-Building-Store



[画像4: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-755103-10.jpg ]


<新しい私に出会う本~SDGsで変えよう!私の生き方と世界の未来>



丸善 丸の内本店
所:東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ1階~4階
電話番号:03-5288-8881
サ イ ト : https://honto.jp/store/detail_1572000_14HB310.html




「新しい私書店通信vol2」発行!


[画像5: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-910989-15.png ]


紀伊國屋書店 大手町ビル店 、丸善 丸の内本店、大手町・丸の内・有楽町 のビル内のチラシコーナー及び当館併設のCafé1894などにて配布しております。お手に取ってご覧ください。


10周年ロゴについて

三菱一号館美術館のロゴをデザインしていただいた服部一成さんに、新たに10周年限定のロゴを制作していただきました。


[画像6: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-832502-13.png ]


【服部一成さんのコメント】
三菱一号館美術館のロゴは、特徴ある三角形のなかに館の名を収めて、シンボルとしています。10周年を迎えて、「10th」の文字をなかに配した同じ三角形を、館名ロゴのとなりに加えました。記念すべきこの1年、ふたつ並んだ三角形のロゴがさまざまな場面で活躍してくれることを願います。グラフィックデザイナー 服部一成)

三菱一号館美術館



[画像7: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-164651-9.jpg ]


2010年春、東京・丸の内に開館。
JR東京駅徒歩5分。19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。赤煉瓦の建物は、三菱が1894年に建設した「三菱一号館」(ジョサイア・コンドル設計)を復元したもの。
公式WEBサイト: https://mimt.jp


丸の内エリアのまちづくりコンセプト:「丸の内Reデザイン」


[画像8: https://prtimes.jp/i/30575/55/resize/d30575-55-445248-8.jpg ]

三菱地所は、2020年以降の丸の内エリア(大手町・丸の内・有楽町)におけるまちづくりを「丸の内NEXTステージ※」と位置付け、“人・企業が集まり交わることで新たな「価値」を生み出す舞台”を創造していきます。「丸の内Reデザイン」はその実現に向け、まちづくりのあり方から変えていくコンセプトワードです。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング