「脳が目覚める」ってどういうこと?!…イルチブレインヨガが脳教育セミナー(東京・江東)

PR TIMES / 2012年5月25日 9時55分



日本最大級のヨガ教室「イルチブレインヨガ」を展開するダンワールドジャパンは6月2日(土)、東京都江東区の「ティアラこうとう」(江東公会堂)で、脳の無限の潜在能力を引き出すテクニックが学べる「脳教育BEST5セミナー」を開催します。ダンワールドの脳教育理論「BEST5」に基づくトレーニングが体験できる参加型イベントです。

■脳の無限の可能性
私たちがふだん発揮している能力は、「氷山の一角」に過ぎないといわれています。人間の脳は、死ぬまでの間に1割も使われません。ノーベル賞の学者でも、実際に使う脳は全体の10数%くらいだといいます。私たちの脳には、無限の可能性があるのです。

■「脳教育BEST5」
脳教育BEST5は、脳を5段階にわたって開発していくための理論です。眠っていた脳を目覚めさせる「1段階」から始まり、脳の主として脳を100%活用する「5段階」まで、段階的にトレーニングを進めていきます。BEST5は「Brain Education System Training 5-step」の略で、アメリカの公教育に取り入れられるなど、世界で注目を集めています。日本全国のイルチブレインヨガのスタジオでも、このBEST5の理論に基づくトレーニングを実践しています。

■3つの脳を統合
脳は大きく分けると、「大脳皮質」「大脳辺縁系」「脳幹」という3つの部分から成り立っています。大脳皮質は、思考や判断など人間固有の脳の活動を司ります。大脳辺縁系は、感情や運動神経を管理します。そして、脳幹は、生命維持活動に欠かせない根幹部分で、免疫力や自然治癒力にも大きく影響します。ダンワールドのBEST5では、3つの脳をバランスよく活性化させ、1つに統合させることを目指します。人間がコントロールするのが難しいとされる脳幹についても、その潜在パワーを上手に引き出すことで、体と心の健康へとつなげます。

■脳トレを実体験しよう!
6月2日に東京都江東区で行われる特別イベント「脳教育BEST5セミナー」では、脳教育の専門家が、BEST5の理論と実践方法について分かりやすく説明します。BEST5に基づく脳トレーニングで体を動かしながら、ストレスで固まっていた体をほぐし、脳や体、エネルギーの感覚を目覚めさせます。普段使わない筋肉を動かしたり、呼吸に意識を向けたりすることで、脳がスッキリし、考え方が柔軟になっていく過程を味わっていただきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング