羽衣学園高校でのソーシャルメディアリテラシー学習が著作権教育実践事例に入賞

PR TIMES / 2013年5月20日 11時20分

~優良賞受賞をきっかけに、今年度の講座導入予定校が大幅増~

株式会社ガイアックスは、羽衣学園高等学校で、ソーシャルメディアリテラシーを習得するために実施したFacebookを活用したプロジェクト型教育プログラムが、公益社団法人著作権情報センター(東京都新宿区、以下CRIC)が主催する著作権教育実践事例 第8回に入賞し、優良賞を受賞したことをお知らせします。



株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、羽衣学園高等学校(大阪府高石市、校長:馬場英明)で、ソーシャルメディアリテラシー(※1)を習得するために実施したFacebookを活用したプロジェクト型教育プログラムが、公益社団法人著作権情報センター(東京都新宿区、以下CRIC)が主催する著作権教育実践事例 第8回に入賞し、優良賞を受賞したことをお知らせします。

※1 インターネット上の人と人とのつながりにより情報発信・収集ができる場所(SNS・プロフィールサイト・掲示板サイト・ブログサイトなど)において、適切に理解・解釈し、活用する能力のこと。

● 「いじめ防止対策推進法案」から分かる、情報モラル教育の重要性
自民・公明両党が今国会での成立をめざし、今月16日に「いじめ防止対策推進法案」が提出されました。この法案は、学校にいじめの調査報告を義務付けるもので、現在、社会問題になっている「インターネットの悪質な書き込みも含む」と新たに規定されています。
このように、ネットをきっかけにするトラブルは、いまや法案規定されるほど一般的になっています。我々は、今まで以上にトラブルを未然に防ぎ、当事者になりうる生徒たちへの正しいネットリテラシーを広めていくことが大切と考えています。日々の非公式サイトなどの監視はもちろん、ソーシャルメディアの正しい活用方法を知ることは、子どもたちにとって不可欠なのです。


● 入賞した羽衣学園高等学校の授業では、生徒がFacebookで情報発信を行う
今回の受賞は、SNSの危険性だけでなく利便性についても実際の体験を通じて学べること、大学生や企業と連携した活動について評価をいただきました。
羽衣学園高等学校の授業は、現在注目されるSNS(Facebook)を授業で使い、ソーシャルメディアを通じて情報発信しながら、ソーシャルメディアリテラシーを身につけられることが特長です。著作権や、ネットでのルールなどを学んだ後、実際にFacebookページを作成し、生徒本人に情報発信を行ってもらうことで、メディアの特性やリスクについて学習します。授業運営に弊社社員や学生講師が参加していることもユニークな点です。
(参考:選考委員コメント http://www.cric.or.jp/education/jissenrei8/hagoromo/hagoromo.html

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング