“アートの力”でインドの子供たちを教育支援 “日本初”ヒマラヤ開催のアートプロジェクト「EARTH ART PROJECT」始動!

PR TIMES / 2014年5月16日 17時1分

インドの学校を舞台にした芸術祭「ウォールアートフェスティバル2014」報告会も開催

【開催日】:2014年5月15日(木)
【会場】 :貝印株式会社(東京都千代田区岩本町3-9-5)
【開催時間】:<第一部> EARTH ART PROJECT 説明会・プレス発表会 17:00~18:00
<第二部> ウォールアートフェスティバル2014 報告会 18:30~20:30




NPO法人ウォールアートプロジェクト(代表:おおくにあきこ、以下 WAP)と貝印株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 遠藤宏治、以下 貝印)は、2014年2月15日(土)~17日(月)にインド マハラーシュトラ州・ターネー地区・ダハヌ・ガンジャード村で開催された、インドの子ども達を支援することを目的とした国際的芸術祭「ウォールアートフェスティバル(以下 WAF)2014」の活動報告会及び、WAFの活動の一環として新たに始動したプロジェクト「EARTH ART PROJECT(以下EAP)」の説明会・プレス発表会を貝印本社内にて5月15日(木)に開催いたしました。

<第一部> EARTH ART PROJECT 説明会・プレス発表会

EAPは、WAFでの5年間で培ってきたノウハウを活用し新たに始動した、ラダック地方の広大な大地をアートのキャンバスとしたプロジェクトです。ウォールアートプロジェクトが、標高5000mにある「ノマディック・レジデンシャルスクール」という学校を訪問。子どもの就学率は25%程しかなく、決して十分な教育環境とはいえない中で、「教育を受けた遊牧民になりたい。そして自分たちの生活を向上させ、文化を守っていきたい」という子どもたちの声、「グローバル化による外部からの圧力、自然環境の変化など、先祖代々培ってきた経験則では対処できない様々な問題を解決するために教育が大切だ」という学校の教師の思いを聞き、実施に至りました。遊牧民とその子どもたち、教師たちとの協働により、その土地にあるものをアーティストたちが引き出し、壁画、彫刻、映像などで表現、外へ向けて発信します。昨年からWAFに参加し、巨大な壁画を描き続けている美術家の大小島真木(おおこじままき)さんは、「WAFは言葉を介さないコミュニケーションをインドで実践し、そこを大事にして続けているアートプロジェクトです。今回EAPでも言語を越えたコミュニケーションを取りながら、想像力を使って世界の見え方そのものを変えていくような絵を描いてきたいです。」と意気込みを語りました。また、映像作家の奥間勝也(おくまかつや)さんは、「標高5000mの地で短期間の映像制作はとてもハードだけど、エネルギーがいっぱい貯まっている現地の子ども達とぶつかり合い、どのような作品が生まれるかが楽しみです。」とEAPに期待を寄せました。EAPでは遊牧民たちが置かれている現状を伝えると同時に、遊牧民の人々が自分たちの生活や文化と教育に再び目を向けるきっかけ作りを目指します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング