【プロポーションづくりのダイアナ】海の日直前アンケート結果発表!女同士がチェックするボディパーツ 第1位は「脚」!

PR TIMES / 2014年7月16日 9時42分



すべての女性に健康的な美しさをお届けするプロポーションづくりの株式会社ダイアナ(東京都渋谷区、代表取締役社長:徳田充孝、以下ダイアナ)は、海の日を直前に、全国514名の女性を対象に、「初対面の女性同士がチェックするボディパーツ」をアンケート調査※いたしました。
                                 女性同士のチェックポイント
                           初対面の女性でついチェックしてしまうボディパーツは?

アンケートの結果、第1位は圧倒的多数票をあつめ、「脚」であることが判明いたしました。全体の43%を占める225票を獲得した「脚」ですが、その理由として「ラインを気にしているから(40代)」、「パンツスタイルの似合う女性はかっこいい(20代)」、「自分が気にしているところだから(40代)」、「ローラとかハーフモデルさんみたいな美脚スタイルに憧れるから(20代)」という、スタイルを意識した回答が目立ちました。そんな中、「下着で盛ったり出来ない、ありのままのパーツだから(30代)」、「露出されていて、まず目に入るところだから(40代)」という、同性ならではの厳しい回答理由も。

そして第2位は、109票を集めた「お腹」という結果に。「中年太りで、自分自身が気になっているから(50代)」という自身のコンプレックスから気にしてしまうという意見が多数でしたが、「洋服のラインに響いていると、せっかくのオシャレが台無し(30代)」という回答もありました。

そのほか、第3位「胸」(82票)、第4位「お尻」(50票)、第5位「背中」(34票)と続きました。

今回のアンケート結果から、女性は“プロポーションのバランス”を強く意識している傾向が見られました。いわゆる男性目線でいう「胸」のような“パーツ”ではなく、いかにトータル的なスタイル美人であるか、がポイントのようです。また、自分自身がコンプレックスに思うパーツを他人と比較する傾向がみられました。

また、「下着などでごまかせない」、「洋服で隠せない」パーツを挙げる回答が多く、同性ならではの厳しいチェックポイントが判明いたしました。

※ 2014/6/7~7/5、ダイアナ年代別ゴールデン・プロポーションコンテスト決勝大会(北日本・九州・中部東海・北海道・西日本の5会場)にて、20代以上女性514名を対象に実施

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング