ブックオフグループにOnline Service Gateを導入

PR TIMES / 2013年11月29日 11時32分

~ユーザの利用形態に沿って、クラウドの利便性とセキュリティを両立~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、ブックオフコーポレーション株式会社(代表取締役社長:松下 展千、本社:神奈川県相模原市、以下、ブックオフ)が利用するOffice 365に対し、SBTオリジナルのクラウドアクセスコントロールサービス Online Service Gate(以下、本サービス)を導入しましたのでお知らせします。



今回の導入で、ブックオフは、店舗からの利用について、店舗以外から利用できないよう制限を行いました。これにより、セキュリティを担保したまま、店舗でクラウドサービスを活用することができるようになりました。一方で、通常のユーザアカウントに対しては、クラウドサービスの利便性を生かして、いつでもどこからでもアクセス可能としており、ユーザの利用形態に沿って、業務の効率化とコミュニケーションの円滑化を実現しています。


■ 導入の背景
ブックオフでは、中古書店「BOOKOFF」の国内外への展開を中心に、「リユースによる付加価提供」を目指して事業を拡大しています。
社員と490店舗以上の直営店を含む、グループ全体のコミュニケーション基盤としてOffice 365の導入を検討し、いつでもどこからでも電子メールなどの機能を利用できる環境を構築することで、業務効率を向上させることを検討していました。
ところが、各店舗端末での利用に関しては、「どこからでも手軽に利用できる」ことが、逆に問題となりました。店舗内のみでの利用制限ができず、外からも接続ができてしまうことは、セキュリティにおける懸念事項となっていました。 一方で、アカウントを端末に固定してしまっては、クラウドサービスの利便性を損なってしまうことから、両方の課題を解決出来る対策を模索していました。


そこでSBTは、クラウドサービスの端末制限を、手間をかけず容易に実現できる、本サービスの提案を行いました。
「店舗での利用において、店舗外での利用を制限する」という要件に対し、手間のかかる認証システムなどを開発・導入することなく手軽に導入できること、Office 365専用に開発されたクラウド型のセキュリティサービスであることが高く評価され、採用されるに至りました。


現在、ブックオフでは、端末制御だけでなく、店舗アカウントのパスワード管理の自動化も行うなど、本サービスの活用の幅を積極的に広げています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング