山盛りのずわい蟹と台湾ソウルフードをブッフェで愉しむ「クラブ カーニバル」開催

PR TIMES / 2019年10月3日 13時41分

10月18日(金)~ 12月20日(金)※水~日のディナーのみ開催

大阪市内にありながら都会の喧騒を離れたアーバンリゾートホテル、ハイアット リージェンシー 大阪(総支配人ミリアム バロリ:大阪市住之江区南港北1-13-11)は、山盛りのずわい蟹と毎年変わるテーマ料理が同時にブッフェスタイルで楽しめる「クラブ カーニバル」を今年も開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12793/56/resize/d12793-56-451816-5.jpg ]



メインは毎年好評の山積みされた茹でずわい蟹。そのままでも美味しい蟹を、バラエティ豊かなソースとともに食べるとまた違った旨味の発見を愉しめます。さらに今年は「台湾料理」をテーマに、台湾旅行すれば食べたくなるメニューも当ホテルの台湾人シェフがお贈りします。



ずわい蟹身使用メニュー(予定)


・ボイルずわい蟹(Hot/Cold)
・蟹と春雨の煮込み
・ほうれん草の翡翠スープ
・蟹と豚肉のパオサンド
・蟹玉タピオカスープ など  
※メニュー内容は変更となる可能性がございます。
                         
   
[画像2: https://prtimes.jp/i/12793/56/resize/d12793-56-525308-1.jpg ]

                 
台湾の麺料理の代表と言われる「牛肉麺」や、台湾全土でどこでも食べられるほど人気で定番のかけご飯「ルーローファン」はシェフのおススメメニューです。また、その場でシェフが仕上げるアツアツの台湾バーガーは、クラブカーニバルバージョン「蟹と豚肉のパオサンド」として提供します。
翡翠に見立て美しいグリーンカラーボールを浮かせた「ほうれん草の翡翠スープ」はチキン・蟹・卵の旨味でほっとする一品です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12793/56/resize/d12793-56-833536-2.jpg ]




台湾料理メニュー(予定/日替わりメニューも含む)


・牛肉麺
・牛肉の黒胡椒炒め
・油淋蒸し魚
・ビーフンソテー
・ルーローファン
・サンベイジー
・豆花(トウファ)
・マンゴープリン  など
※メニュー内容は変更となる可能性がございます。


「クラブ カーニバル」最大の魅力である山盛りの蟹とともに、今年初である台湾料理も同時に楽しめる美味しさをめいっぱい感じていただける内容です。キッズコーナーもご用意しており、ご家族でのご利用をはじめ、女子会、忘年会と幅広い年齢層の方に、様々なシーンでお愉しみいただけるディナーブッフェです。

[画像4: https://prtimes.jp/i/12793/56/resize/d12793-56-772782-3.jpg ]




「クラブ カーニバル」

【開催期間】
2019年10月18日(金)~12月20日(金)まで(10月26日を除く)
※ディナータイムのみ開催

【開催時間】
17:30~21:00(水・木・日・祝) 金・土・祝前日は21:30まで 
※月・火曜日のディナーの開催はございません(祝祭日除く)

【会場】
1F 「ザ・カフェ」 158席

【料金】
ディナー 大人5,950円  お子様2,500円
スパークリングワイン・ビール・ワインなどアルコール飲み放題+2,000円 
ソフトドリンク飲み放題 +800円(料金は全て税金・サービス料別)

【予約】
電話 06-6612-1234(代表)
オンライン予約  http://www.hyattregencyosaka.com/restaurant/crab/

【特典】
ホテルホームページからオンライン予約でお一人様300円割引(お子様は200円割引)
 

       
[画像5: https://prtimes.jp/i/12793/56/resize/d12793-56-558246-4.jpg ]

                                   
【25周年特設サイト】
https://www.hyattregencyosaka.com/25th/



ホテル情報

ハイアット リージェンシー 大阪
大阪府大阪市住之江区南港北1-13-11
https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-regency-osaka/osaka
ニュートラム南港ポートタウン線「中ふ頭」駅より徒歩約3分
JR大阪駅より無料シャトルバスで約25分
T: 06 6612 1234(ホテル代表)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング