パ・リーグが今年も台湾プロ野球イベント「YOKOSO桃猿(とうえん)」に参加

PR TIMES / 2019年4月24日 14時40分

パシフィックリーグマーケティング株式会社(東京都中央区:代表取締役CEO 根岸友喜)は、2019年5月11日(土)・12日(日)に台湾・桃園にて行われる台湾のプロ野球リーグ中華職棒大聯盟(以下CPBL)・Lamigoモンキーズの試合イベント「YOKOSO 桃猿(とうえん)」に、昨年に続いて今年もリーグとして参加し、リーグプロモーション活動を行うことを発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19259/56/resize/d19259-56-191354-1.png ]



今回のイベントにおいては、北海道日本ハムの球団公式チアリーダーの「ファイターズガール」(2名)、東北楽天のマスコット「クラッチ」、そして千葉ロッテの「謎の魚」が昨年に続いて訪台し、台湾でファンとの交流を行います。さらに今年は新たに、千葉ロッテのMCこなつさん、福岡ソフトバンクのオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」(4名)とマスコットキャラクターの「マッチくん」、体操お兄さん「トッシー」、そしてパシフィックリーグマーケティング(以下PLM)が結成した「Pacific League Girls」(4名)も、試合前や試合中の応援などで現地のファンを盛り上げます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/19259/56/resize/d19259-56-440688-0.jpg ]


また昨年に続き、7回表終了時には日本のプロ野球と同じような雰囲気を楽しんでいただくべく、台湾のプロ野球観戦では馴染みのないジェット風船を飛ばして場内を盛り上げます。試合前、試合中には、昨年までLamigoに所属していた北海道日本ハムの王柏融選手ら、パ・リーグに在籍する選手から台湾のファンの皆さまへ向けたビデオメッセージを場内の大画面にて放映し、台湾の野球ファンの来日と、パ・リーグ各球場の来訪を呼びかけます。

「YOKOSO 桃猿」はCPBL・Lamigoモンキーズが2017年から開催しており、昨年も3日間合計で約3万人を動員して台湾プロ野球の平均観客動員数を大きく上回るなど、台湾球界においても屈指の観客動員を誇る、「日本」をテーマにしたコンテンツをファンに提供する試合イベントです。パ・リーグとしてこのイベントに参加することで、台湾の野球ファンの皆さまへ日本のプロ野球の魅力をより身近に感じていただくことを目的としています。
パ・リーグでは現地スポーツ専門チャンネルのFOXスポーツ台湾と新たに3年間の放映権契約を締結し、開幕3連戦においては王柏融選手の活躍でFOXスポーツ台湾における日本プロ野球放送史上最高の平均視聴率を記録するなど、これまで以上に日本プロ野球、パ・リーグへの注目度が高まっています。これからもパ・リーグは台湾でのさまざまなリーグプロモーションに取り組み、国外での新たなファン拡大にまい進してまいります。


◆Lamigoモンキーズ 劉玠廷 球団社長兼ゼネラルマネージャーコメント
「本年も、パシフィックリーグマーケティング様より「YOKOSO桃猿」にご支援を賜りますことを大変喜ばしく思います。昨年の「YOKOSO桃猿」で人気を博しました、北海道日本ハム「ファイターズガール」、東北楽天「クラッチ」、そして千葉ロッテ「謎の魚」が再び一堂に会する等、多くの魅力を皆様に発信いたしますので、是非ご期待いただきたく存じます。また、王柏融選手が、北海道日本ハムに移籍しましたので、日台野球交流が益々深まることを願っております。」


【参加イベント名】「YOKOSO 桃猿」
【試合日時】5月11日(土) 17時05分試合開始(日本時間18時05分)
      5月12日(日) 14時05分試合開始(日本時間15時05分)
【試合会場】台湾・桃園國際棒球場(桃園市中壢區領航北路一段1號)
【実施イベント概要】
1. 東北楽天、千葉ロッテ、福岡ソフトバンクの3球団マスコットキャラクターによるファンとの触れ合いイベント、始球式参加、試合中の応援参加
2. 北海道日本ハムのチアリーダー、福岡ソフトバンクのダンス&パフォーマンスチーム、PLMのチアリーダーによる始球式参加、試合前イベント、試合中パフォーマンス実施
3. ラッキー7時に埼玉西武(11日)とオリックス(12日)のホームゲームを再現したジェット風船発射イベント実施
4. オリックス、福岡ソフトバンクのグッズを先行入場者に配布(個数限定)
5. 6球団選手からファンへのメッセージを大型ビジョンで放映

※そのほかのイベント実施も調整中
※イベント内容、派遣メンバー・マスコットは天候などの影響で変更になる場合もございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング