1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ギズモード・ジャパンがAnyMind Group社と提携し次世代型メディアコマース「ギズ屋台」をローンチ

PR TIMES / 2021年9月15日 18時45分

海外生産工場とユーザーを直接つなぐ”C2M型”モデルの構築へ

株式会社メディアジーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:今田素子、インフォバーングループ会社)が運営するギズモード・ジャパン( https://www.gizmodo.jp/)は、AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔、以下「AnyMind社」)と共同で、ガジェット専門ECショップ「ギズ屋台」( https://yatai.gizmodo.jp/)を本日9月15日より提供開始いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/55369/56/resize/d55369-56-1a051df26394886b7ed4-0.png ]

※ローンチ告知をご希望の方は下記ご利用ください。
公式ティザーサイト: https://yatai.gizmodo.jp/
ギズ屋台公式Twitter: https://twitter.com/gizyatai

ギズ屋台は、世界最大級のガジェット・ブログ『GIZMODO』の日本版に当たるギズモード ・ジャパン編集部によるプロの情報・モノのキュレーションと発信力を最大限に生かしたセレクトショップです。AnyMind Group社の開発するEC・D2C展開を支援するソフトウェアとサービス提供によるアジア各国のネットワークを活用した製品調達、自社ECサイトの構築・運用、マーケティング、カスタマーサポート、物流などを含む包括的なソリューション等の連携により、次世代型の「メディアコマース」を実現していきます。
また近い将来、これまでのECモールの在り方に止まらず、C2M(※1)と呼ばれる消費者と世界の生産者をつなぐモデルの構築を推進して参ります。

※1:C2M(Consumer-to-Manufacturer):『消費者から製造者へ』の略で、製造者が消費者から直接受注を受け「完全受注生産型」を行うことによって在庫を持たずに商品を届けるビジネスモデル


■ギズ屋台のコンセプト


「ギズ屋台」それは世界中の多種多様なガジェットを揃えた、
神出鬼没のセレクト屋台。

誰も見たことのないような掘り出し物やカテゴリ不明のキワモノまで、
エキゾチックな物欲を刺激するアイテムを集めました。

無難な買い物に飽きてしまったあなた。
どうぞふらっとお越しくださいませ。

■第一弾展開商品
ギズモード・ジャパン編集部によるギズ屋台のコンセプトに沿ったユニークな商品の選定・販売を行っています。第一弾は「GRID」や「TourBox」などの、モノやデザインの多様性を提案する商品の販売を行います。

【プロダクト詳細】
●iPhoneがアートに生まれ変わった「GRID」
[画像2: https://prtimes.jp/i/55369/56/resize/d55369-56-c6143bdd67aeca1a9063-4.png ]

スマートフォンの廃棄というと、レアメタルの取り出しといったリサイクルにフォーカスされることが多い中、アートにすることで思い出深い機種を長く手元に置いておけるようになりました。思い出深い機種を洗練されたアートにすることで、皆様のお部屋をワンランク上の洗練された雰囲気へとパワーアップさせます。

サイズ : 約1.7 x 16.5 in, (A3紙サイズとほぼ同等)
(iPhone 4S / iPhone3GSの2種類展開)

●クリエイティブが加速するコントローラー「TourBox」
[画像3: https://prtimes.jp/i/55369/56/resize/d55369-56-f73b17719816e83ab159-5.png ]

Photoshop、Premiere ProそしてLightroomなどのAdobeソフトはもちろんSaiなどを含む多様なクリエイティブソフトの操作をより一層快適なものにします。人間工学に基づいたデザインと、20万回の耐久性テストを通した厳選された部品を使用し、今までにない操作体験を実現しました。

寸法 :約116 X 101 X 44mm
重量 :約370g USBケーブル :USB-A
電圧 :5V
対応システム :MacOS 10.10 以上 / Windows 7 以上


■今回活用しているAnyMind社のプロダクト
AnyFactory:アジア各国の200を超える生産工場をネットワーク化し、ニーズに合わせた最適な工場のマッチングによる商品生産を実現するクラウドものづくりプラットフォームを提供。
AnyShop:自社ECサイト構築・運用、越境展開を含めた各国ローカルのECモール運用、決済サービスとの統合など、ニーズに合わせたソリューションを提供。
AnyManager:EC・D2CブランドWebサイトのアプリ化、アクセス解析、サイトスピード高速化、プッシュ通知機能などのソリューションを提供。
AnyLogi:物流管理プラットフォームを活用して、出荷・配送・入庫・保管・商品の一括管理機能を提供。
AnyTag / AnyDigital:データを活用したインフルエンサーマーケティングやSNSアカウントの運用、WEB・アプリ・SNS広告・DOOH(Digital-out-of-Home)広告などのソリューションを提供。


また上記のソフトウェア提供に加えて、ニーズに合わせた問い合わせ対応、返品対応、オーダー管理などのカスタマーサポート(CS)も支援していくほか、プロフェッショナルスタッフが市場調査・事業戦略コンサルティング・多言語化など、事業展開に必要な要素をあらゆる側面から支援いたします。
[画像4: https://prtimes.jp/i/55369/56/resize/d55369-56-0a57c69dfed2b0a9cbe4-9.png ]


<AnyMind Group 共同創業者兼代表取締役CEO 十河宏輔のコメント>
[画像5: https://prtimes.jp/i/55369/56/resize/d55369-56-d6e58f9c42b0f9cc3e1c-7.png ]


近年、趣味趣向の多様化により、個々のユーザーニーズを捉えたD2Cブランドが国内外で多く生まれています。また、クラウドファンディングに代表される”まだ世の中に流通していない新しい商品”への人々の注目・関心も高まっています。私たちは今回のメディアジーン社との取り組み開始を喜ばしく感じると共に、ギズ屋台を通して、時代の一歩先をいく価値提供を行っていきたいと考えております。また、これらの先進的なプロダクト提供にとどまらず、近い将来、ユーザーと世界の生産者をつなぐ「C2M」モデルのビジネスを展開していくことで、生産からユーザーの手に届くまでのサプライチェーンをより最適化していきます。


<株式会社メディアジーン 代表取締役 今田素子のコメント>
[画像6: https://prtimes.jp/i/55369/56/resize/d55369-56-19f13d38a0148e1ca09b-8.jpg ]


メディアジーンはこれまで、ものが溢れ、消費者が何を買うべきかの選択をすることが難しい時代において、メディアを通じて「ストーリー」でプロダクトの良さを伝え、ユーザーの買い物の支援をしてきました。この度、このAnyMind社との取り組みにより、互いの経験を活かし、一般市場にまだ流通していない新しい商品を、ギズモードが編む独自の視点でのストーリーとともにユーザーに届けていきます。これにより、ユーザーに対し、これまでにない楽しい購買の体験を提供することを目指していきたいと考えています。


■ギズモード・ジャパンについて
ギズモード・ジャパン」は、モノ・コトに付随する新しさとそのコンテキストを提示するメディアです。製品レビューや最新ニュース、クリエイターインタビューなどを通じて、ユーザーが新しい価値観に出会う手助けをします。 また、GIZMODOが運営するYou Tubeチャンネルでは、編集部員による商品の魅力を語るレビューコンテンツや、開発者インタビュー、テクノロジー解説など、幅広い動画を配信しています。
サイトURL: https://www.gizmodo.jp/
YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/user/gizmodojapan

【AnyMind Groupについて】
2016年にシンガポールで創業し、インフルエンサー・クリエイターなどの個人、メディア・ブランド企業向けに、生産・EC構築・マーケティング・物流をワンストップで支援するソフトウェアとサービスを世界13市場17拠点で提供するテクノロジーカンパニーです。これまでに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asia、日本郵政キャピタルなどから総額62.3百万米ドル(約68.6億円)の資金を調達しています。
https://anymindgroup.com/ja/

【株式会社メディアジーン(インフォバーングループ)について】
経済メディア『Business Insider Japan』やテクノロジー&製品情報メディア『GIZMODO』、メディア&コミュニティ「MASHING UP」をはじめ、Webメディアやイベントを通じて、他では得られない有意義な情報と体験を提供してます。
https://www.mediagene.co.jp/

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社メディアジーン グロースマーケティング部門
https://www.mediagene.co.jp/about#contact

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング