株式会社ベイ・コミュニケーションズが 「ざっくぅ」をケーブルインターネットキャラクターに採用

PR TIMES / 2013年5月24日 14時12分

ケーブルテレビのインターネット「ZAQ」、 ケーブルインターネットの共通ブランドとしてエリア拡大中

ケーブルテレビ総合エンジニアリングカンパニー 株式会社テクノロジーネットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西尾 武)が企画・運営するケーブルインターネット接続サービス「ZAQ(ザック)」のキャラクター「ざっくぅ」は、株式会社ベイ・コミュニケーションズ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 佐野 正)のケーブルインターネットのキャラクターとして同社のプロモーションに登場します。



「ざっくぅ」は「ずっと(Z)・あんしんの(A)・クオリティ(Q)」を提供するインターネットサービス「ZAQ」のキャラクターとして、2003年に関西エリアに登場しました。現在はJ:COM、JCN、及び全国の提携ケーブルテレビ局 合計95局で利用され、CMやイベント等に登場し、認知度80%以上(※1)のキャラクターに成長しました。いつもそばにいてユーザーを見守っているひとなつっこいキャラクターが支持され、ざっくぅをかたどった「ざっくぅパン」の販売や、アミューズメント施設でのクレーンゲームの景品化、また無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」のスタンプになるなど、さまざまな場所に登場し、広く親しまれています。

テクノロジーネットワークスは、安心、安全、快適なケーブルインターネットサービスを提供している全国のケーブルテレビ局に「ざっくぅ」キャラクターを共同利用いただき、販売促進などに活用いただくことで、ケーブルインターネットの認知度向上、ブランド向上につながるものと考え、利用拡大に努めております。

このたび5月より、ベイ・コミュニケーションズの全エリアで「ざっくぅ」がケーブルインターネットのキャラクターとしてプロモーションに活用されることとなりました。今後「ざっくぅ」はベイ・コミュニケーションズのホームページやチラシなど種々の媒体に登場してまいります。


また、7月1日からはベイ・コミュニケーションズのインターネットサービスをご利用のお客様に向けて「ZAQプレミアサイト」が提供されます。更に2014年からは、現在ご利用のメールアドレスに加え、セカンドメールアドレスとして「@zaq.jp」のアドレス利用が可能となる予定です。これによりZAQインターネットサービス提供局間であれば転居の際も同じメールアドレスの継続利用が可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング