アルテラとARM、業界で初めて FPGA 適合型エンベデッド・ソフトウェア・ツールを発表

PR TIMES / 2012年12月13日 9時43分



●他にないパートナーシップにより、「デバッグの壁」を取り除く、SoC FPGA デバイス向け DS-5 ツールキットを開発

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO兼会長: ジョン・デイナ、日本法人: 東京都新宿区、代表取締役社長: 日隈 寛和、NASDAQ: ALTR 以下、アルテラ)と ARM (LON: ARM、NASDAQ: ARMH、以下、アーム)は、米国時間12月12日、両社が他にない契約に基づき、アルテラの SoC デバイス向けに FPGA 適合型デバッグ機能搭載「DS-5 エンベデッド・ソフトウェア開発ツールキット」を共同開発したことを発表いたしました。

この「ARM(R) Development Studio(DS-5(TM))アルテラ・エディション・ツールキット」は、統合デュアルコア CPU とアルテラ SoC デバイスにおける FPGA ファブリック間のデバッグの壁を取り除くものです。FPGA に含まれるロジック適合機能を、ARM アーキテクチャ向けの最先進マルチコア・デバッガに統合することで、標準的な DS-5 ユーザー・インタフェースを通じて、かつてないフルチップでの可視性と制御能力を、エンベデッド・ソフトウェア開発者に提供します。この新しいツールキットは、「アルテラ SoC エンベデッド・デザイン・スイート」に含まれ、2013年の早い時期に出荷開始予定です。

アルテラの SoC デバイスは、単一のデバイス上で、FPGA ロジックとデュアルコア ARM Cortex(TM)-A9 プロセッサを統合し、ユーザー定義ペリフェラルとハードウェア・アクセラレータを FPGA ファブリックに実装することで、フィールド・プログラム可能なカスタム SoC デバイスの開発を柔軟に行うことができるようになります。アルテラは現在、同社の「Cyclone(R) V SoC デバイス」のイニシャル・サンプルを出荷しています。本日発表された報道資料「アルテラ、Cyclone V SoC FPGA の出荷を開始」(http://www.altera.co.jp/corporate/news_room/releases/2012/products/nr-cyclonev-soc-shipping.html)をご参照ください。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング