5月に放送決定!SPACE SHOWER TV presents OTHER SIDES

PR TIMES / 2012年4月4日 9時27分



先日開催されたスペースシャワーTVの新イベント、5月に放送決定! 
SPACE SHOWER TV presents OTHER SIDES

株式会社スペースシャワーネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:清水英明)が運営する日本最大の音楽専門チャンネル『スペースシャワーTV』は、2012年3月31日(土)に渋谷CLUB QUATTROで新たなライブイベント「SPACE SHOWER TV presents OTHER SIDES」(読み:スペースシャワーティーヴィー プレゼンツ アザーサイズ)を開催しました。
記念すべき第一回目の出演者は、アナログフィッシュ、曽我部恵一、LOST IN TIMEの3組。本イベントはBAND TIMEとOTHER SIDE TIMEの二部制で進行し、出演者それぞれがバンドでのライブに加えてアコースティックやソロなど、異なる形式でのライブを披露しました。
『OTHER SIDES』というタイトルどおり、3組のバンドの異なる魅力を一夜にして楽しむことができたこちらのイベントは、スペースシャワーTVで5月に特別番組として放送いたします。

■公演名
SPACE SHOWER TV presents OTHER SIDES

■出演者
第1部 OTHER SIDE TIME:アナログフィッシュ(Acoustic set) / lost in time / 曽我部恵一ソロ弾き語り
第2部 BAND TIME:アナログフィッシュ / LOST IN TIME /曽我部恵一BAND
オープニングアクト:忘れらんねえよ

■公演日
2012年3月31日(土) 渋谷CLUB QUATTRO   

■イベントHP
http://sstv.jp/othersides/


【ライブレポート】

通常のバンドセットに加え、アコースティックやソロなど、それぞれの出演者が異なる形式での演奏を披露する画期的なライヴ・イベント『OTHER SIDES』が、さる3月31日(土)、渋谷クラブクアトロにて開催された。
やり場の無い衝動を音と言葉で叩きつけるかのようなオープニングアクト「忘れらんねえよ」の荒々しい演奏で幕を開けたこの日のイベント。まずは前半の「OTHER SIDE TIME」にトップバッターとしてアナログフィッシュが登場し、アコースティックセットによるシンプルで味わい深い演奏を披露。盟友・前野健太を迎えた3曲目「確率の夜、 可能性の朝」では美しいハーモニーワークを場内に響かせてくれた。続く曽我部恵一はサブステージでのソロ弾き語り。後半2曲の「キラキラ!」と「LOVE-SICK」は生歌&生ギターによる完全ノーマイクでの演奏を披露し、圧巻のパフォーマンスで場内を沸かせてくれた。そして、アコギ×2、カホンという編成でバンドの持ち味である情感豊かな歌の世界を、時に繊細に、時に生々しいタッチで表現したLOST IN TIMEのステージで前半は終了。
後半はバンドセットによる「BAND TIME」。トップバッターは前半同様、アナログフィッシュ。鉄壁のバンド・アンサンブルを聴かせる彼らの演奏からは、バンドとしての今の充実ぶりが何よりも如実に伝わってきた。5曲目「トーキョードリフター」では再び前野健太が登場、息のあったセッションを披露。続くLOST IN TIMEのステージからは、それぞれの楽曲で描かれているビタースイートな青春群像がバンドサウンドによってカラフルかつダイナミックに浮かび上がってくるような、えもいえぬ興奮を覚えた。そして、この日のラストを飾ったのが曽我部恵一BAND。最新アルバムからの楽曲を中心に、心の真ん中にダイレクトに響くような“これぞバンド”と言いたい熱くエネルギッシュな演奏を存分に聴かせてくれた。
『OTHER SIDES』というタイトルどおり、3組のバンドの異なる魅力を一夜にして楽しむことができた充実のイベント。この日の模様はスペースシャワーTVにて特別番組として放送されることが決定しているので惜しくも見逃してしまったあなたは要チェック!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング