三井不動産グループのCSR活動『エコハロー!災害に負けない知識を学ぼう!プロジェクト』

PR TIMES / 2013年1月15日 14時1分

三井不動産グループ首都圏10商業施設にて2月16日(土)より実施

三井不動産株式会社と、ららぽーとマネジメント株式会社は、ご家族で防災について楽しみながら知識を深めることができる『エコハロー!災害に負けない知識を学ぼう!プロジェクト』を、当社グループが運営する首都圏の10商業施設にて、2月16日(土)より順次実施いたします。



本プロジェクトでは、家具転倒防止グッズの効果検証や取り付け方、用途に応じた防災グッズの使い方、水の備蓄やトイレ対策などを、お子さまも一緒に楽しみながら学んでいただけるよう、特定非営利活動法人プラス・アーツ(兵庫県神戸市)と協力し、スタンプラリー形式で実施いたします。また、各地の自治体とも連携し、それぞれの地域で想定される災害の種類や防災マップの紹介なども行います。


スタンプを4つ以上集めた方に、プラス・アーツが監修する「防災ハンドブック」と、お子さまには本ワークショップオリジナル「キッズ防災マスター認定証」をお渡しします。また、簡易トイレや防災ハンカチなどの災害時に役立つグッズを抽選でプレゼントいたします。


本プロジェクトは、当社グループが運営する商業施設において、ご家族や仲間で楽しく環境推進活動ならびに社会貢献活動を体験していただく「エコハロー!プロジェクト」の一環として、昨年より実施しています。東日本大震災から2年が経過する3月11日を前に、改めてご家族で防災知識を深め、日頃の備えに役立てていただく機会として、本プロジェクトを開催いたします。なお、本プロジェクトの運営に、当社グループ社員がボランティアで参加します。


三井不動産の商業施設では、今後もお客さまに環境や社会貢献活動について知っていただく「場ときっかけ」を提供してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング