跡見学園女子大学・会津若松市・日本旅行が福島復興支援で産・官・学連携企画女子大生が開発した会津若松観光ツアー「現代の八重に会いに行こう!」発売

PR TIMES / 2012年12月20日 16時6分



跡見学園女子大学(文京キャンパス:東京都文京区大塚1-5-2/新座キャンパス:埼玉県新座市中野1-9-6)と(株)日本旅行(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸尾和明)では、跡見学園女子大学がパートナーシップ協定を結んでいる福島県会津若松市への観光誘客を目的に、同大学の学生が考えた旅行商品『会津若松・現代の八重に会いに行こう!』を12月25日(火)より、関東・甲信越地区の日本旅行グループ店舗にて販売開始します。

この旅行商品は、跡見学園女子大学と日本旅行、会津若松市観光課・会津バス観光A.T.Sの産官学連携による「着地型人物観光商品化プロジェクト」(協力:観光庁、日本観光振興協会)として企画・開発されました。開発背景は、2011年9月に跡見学園女子大学のアカデミックインターンシップ(2頁参照)としてマネジメント学部の学生が会津若松市を訪れたことから、風評被害で苦しむ同市への復興支援策を女子大生ならではの視点で考え、観光客誘致のための旅行商品の企画を一年以上に渡り進めてきたものです。

今回商品化したツアーコンセプトは、会津若松市とのこれまでの活動の中で学生が考えた約100件の案の中から「女性をテーマにした会津若松の魅力発信」に決定。ツアーキーワードを『人物観光』とし、会津若松で強く生き抜く女性の人的魅力を伝えることに着目しました。会津若松の厳しい時代を強く生き抜いた、来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」でも注目される女性「新島(にいじま)八重(やえ)*1」さん(ハンサムウーマン)に焦点を当て、会津若松の女性の強さを受け継ぐ現代のハンサムウーマン4名を学生が発掘。明るく力強く生きる会津女性との交流を通して、アクティブで前向きな女性層を始めとしたツアー参加者に会津若松の新たな魅力を伝えます。

商品開発にあたっては、旅行業界で「女子旅」の企画に定評のある、日本旅行赤い風船事業部のプロジェクトチームが、ツアー企画についての授業やパンフレットの作成指導などを学生に実施しました。

観光庁が展開の促進を図る「着地型観光*2」は、確実に利用者は増加しているものの、発地側の販路の確保や受け入れ側への対応など、いくつかの課題があります。今回、日本旅行が会津若松市のご協力のもと、  現地旅行会社(会津バス観光A.T.S)と連携し、産官学でその課題を克服した着地型観光商品として販売するものです。今回のツアーは、日本旅行パッケージ旅行「赤い風船」のオプショナルプランとして、その日担当するハンサムウーマン1名を訪ね一時間に渡り交流するというもの。集客目標は500人(2013年1~3月)と設定しております(2013年12月まで販売)。
跡見学園女子大学・日本旅行は、観光による連携を通して、今後も福島県の復興支援に力を入れてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング