Amazon Pay 新バージョン(V2)へ ecbeing 国内初対応

PR TIMES / 2020年10月6日 17時15分

株式会社ecbeing(東京都渋谷区 代表取締役社長:林 雅也、以下「ecbeing」)は、この度のAmazon Pay新バージョン(V2)にECシステムベンダーとして国内で初めて対応したことをお知らせします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/7074/57/resize/d7074-57-479965-0.png ]



Amazon Pay V2とは

Amazon Payは、すでにAmazonアカウントに登録されている配送先住所やお支払情報を利用してAmazon以外のECサイトでスピーディにお買い物ができるID決済サービスです。お客様はクレジットカード情報など個人情報の入力の手間がなくなり、スピーディに支払いができるため、利便性が向上します。一方、EC事業者様にとってはAmazon Payの導入により、Amazonアカウントを保有するお客様に、自社ECサイトで簡単に安心してお買い物できる顧客体験を提供することが可能となり、スムーズな購入プロセスによるコンバージョン率向上も期待できます。今回ecbeingにて対応したAmazon Pay新バージョン(Amazon Pay V2)では、従来のアドレス帳およびお支払い方法のウィジェット内の情報が、Amazon Payのページ上で集約されて表示されご選択いただけるようになりました。このAmazon Pay側のページ上では、Amazon Pay側で統一されたご案内やエラーメッセージが表示され、お客様にとってスムーズなお買い物をサポートします。なお、新バージョンではブラウザの制約や利用環境等に左右されないため、お客様にとってスムーズなお買い物をサポートします。


ECシステムベンダーとして国内初 ecbeingが Amazon Pay V2に対応

オンラインショッピングの需要が更に高まっているコロナ禍の今、消費者に安心して商品を購入していただくため 、ecbeingではECシステムベンダーとして国内で初めてAmazon Pay V2の対応、提供を開始いたしました。ecbeingはAmazon Payの公式認定制度である「グローバルパートナープログラム」のPremier Partnerであり、これまでもAmazon Pay対応Alexaスキルに国内初対応を実施してきましたが、今回のAmazon Pay V2への対応もECシステムベンダーとして国内初となりました。Amazon Pay V2の導入により、購入時にAmazon Payのページ上で個人情報を入力、選択いただけるため、消費者のセキュリティ面の不安の排除や、利便性の向上を図ることができます。


先行導入事例も続々 スポーツオーソリティ様、Zoff様、ニューバランス様に導入済み

ecbeingではすでに先行導入事例としてスポーツオーソリティ様、Zoff様、ニューバランス様にてAmazon Pay V2の実装及びリリースをおこなっております。
※画面イメージ(スポーツオーソリティ様)

[画像2: https://prtimes.jp/i/7074/57/resize/d7074-57-873827-2.jpg ]



最後に

ecbeingではAmazon Payの導入ユーザーが年々増加傾向にあり、今回のV2の対応により、さらに安心でスムーズなECサイトでの購入体験を実現できると考えております。
※AmazonおよびAmazon Payは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

■株式会社ecbeingについて
名 称 : 株式会社ecbeing
設 立 : 2012年10月
本 社 : 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
代表者 : 代表取締役社長 林 雅也
資本金 : 2億円 *2019年4月末現在
株主構成: 株式会社ソフトクリエイトホールディングス(東証一部・証券コード:3371) *100%出資
社員数 : 249名 *2019年4月末現在
事業内容: 電子商取引を目的としたWebサイト構築などのECビジネスに関する総合的なサービスの提供
詳しくは https://www.ecbeing.net/ をご参照ください。
===========================
○本件に関するお問い合わせ先
株式会社ecbeing
担当:古田 雄
TEL:03-3486-2631 FAX:03-5466-9480
Email: ess@ecbeing.co.jp
===========================
※掲載されている情報は、本リリース発表時点での情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング