「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」全立候補者のアピールコメントをどこよりも早く「J:COMテレビ」で一挙放送

PR TIMES / 2014年4月18日 15時36分

◆第1夜 5月9日(金)20:00~23:30  ◆第2夜 5月10日(土)20:00~23:30 計7時間放送

株式会社ジュピターテレコム(J:COM、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:牧 俊夫)は、2014年5月9日(金)、10日(土)の2日間に渡り、J:COMのオリジナルチャンネル「J:COMテレビ」(J:テレ)で「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」に立候補したメンバーのアピールコメントを先行放送することが決まりました。



毎年数々のドラマを生みだしてきたAKB48選抜総選挙。今年で6回目を数え、歴代過去最多の296名が立候補することになりました。立候補者は、AKB48の37枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバー総勢80名を目指します。今回、「J:COMテレビ」では、立候補者の総選挙にかける思いが詰まった「AKB48 37thシングル 選抜総選挙全立候補者のアピールコメント映像」を有料サービスへの加入・未加入を問わず、J:COMネットワークに接続済みの世帯であれば、どなたでも無料で視聴できる「J:COMテレビ」(J:テレ)で、どこよりも早くお楽しみいただけます。
※詳細は、J:COMオフィシャルWEBサイト内特設ページをご覧ください (4月19日 午前0時よりオープン)
http://www2.myjcom.jp/special/akb48/sousenkyo2014_appeal/

また、5月10日(土)、11(日)の2日間、東京スカイツリータウン(R)内「J:COM Wonder Studio」で特別上映会を開催し、日本最大級の103インチのモニターで迫力の映像をお楽しみいただくことができます。さらに、J:COMのVODサービス「J:COMオンデマンド」では、過去5年のAKB48選抜総選挙の作品を一挙配信いたします。

J:COMは、「J:COMテレビ」の番組コンテンツ強化に加え、今回の取り組みをきっかけに、さらに若年層の視聴拡大を目指します。

<放送情報:『AKB48 37thシングル 選抜総選挙アピールコメント 2夜連続一挙放送』>
◆第1夜 5月9日(金) 20:00~23:30
◆第2夜 5月10日(土) 20:00~23:30
計7時間放送
※放送時間は変更になる場合あります。

*J:COMエリア 「J:COMテレビ」(J:テレ)
東日本 地上デジタル10ch / 西日本 地上デジタル12ch / 下関 地上デジタル111ch

*JCNエリア 「にっぽんケーブルチャンネル」
地上デジタル 10ch
※JCNみなと新宿の一部エリア、JCNくまもとを除く

<概要:「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」>
◆名称◆
AKB48 37thシングル 選抜総選挙 ※別名:第6回AKB48選抜総選挙
◆立候補者◆
296名
◆当選◆
・37thシングル 選抜メンバー:16名(1位~16位)
・アンダーガールズ:16名(17位~32位)
・ネクストガールズ:16名(33位~48位)
・フューチャーガールズ:16名(49位~64位)
・アップカミングガールズ:16名(65位~80位)

◆投票権◆
1.AKB48公式ファンクラブ「二本柱の会」会員
2.AKB48 Mobile会員
3.AKB48 公式スマートフォンアプリ会員
4.AKB48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
5.AKB OFFICIAL NET会員
6.SKE48 Mobile会員
7.SKE48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
8.NMB48 Mobile会員
9.NMB48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
10.HKT48 Mobile会員
11.HKT48 LIVE!! ON DEMAND月額見放題会員
12.AKB48 36thシングル「ラブラドール・レトリバー」初回限定盤/通常盤/劇場盤CD封入
投票シリアルナンバー

※投票サイトにつきましては急遽変更になる可能性があります。

◆投票期間◆
2014年5月20日(火)10:00 ~ 2014年6月6日(金)15:00

◆データ集計・開票方法◆
例年通りAKB48に関連しない第三者機関に集計を依頼し、
弁護士による監視の下、厳正なる開票を行います。
開票当日は、弁護士の最終確認を終えた順位ごとの用紙を封筒に入れ、弁護士による割印を押します。その後、会場にて皆様の前で司会者が開封致します。

◆開票日・開票場所◆
2014年6月7日(土) 会場:味の素スタジアム

◆37thシングル 発売日◆
2014年8月を予定

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング