1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Google Workspace(TM)を取扱うシネックスが、 拡張ツール「rakumoシリーズ」をセットで提供

PR TIMES / 2021年8月24日 14時45分

~米本社導入支援実績から得た知見とあわせ、利用実績2,000社超のクラウド型ツールを拡販~

シネックスジャパン株式会社(本社:東京 代表取締役社長:國持重隆、以下「シネックスジャパン」)は、rakumo株式会社(本社: 東京 代表取締役社長: 御手洗 大祐、以下「rakumo」)が提供する「rakumo for Google Workspace」を、2021年9月15日(水)より販売開始する旨発表いたします。今回取扱いにより法人ユーザーは認定資格を有する当社チャネルパートナーを通じ、Google Workspace、「rakumo for Google Workspace」 の同時購入が可能になります。
https://www.nexpect.jp/google/solutions/rakumo/



[画像: https://prtimes.jp/i/34623/57/resize/d34623-57-139e786c70c4f40d2d7f-0.png ]

■今回提供の背景
ポストコロナの昨今では「人と人とのつながり」を築き維持するのが極めて難しくなったと言われる一方、自律分散協調型のオープンな組織に転換する好機と捉えることもできます。
今後はより一層、社内外を問わず柔軟なビジネスネットワークを形成できるオープンな組織への変革がイノベーション創出の面からも望ましいですが、そのような変革にはプラットフォームとしてのクラウドを活用したシームレスなデータ連携と強固なセキュリティが欠かせません。

以上の点を踏まえ、米国本社SYNNEX CorporationのGoogle Workspace導入支援実績より得た豊富な知見を持ち昨年よりGoogle Workspace販売を行うシネックスジャパンが、このたび多数の実績を持つGoogle拡張ツール「rakumo for Google Workspace」を法人向けに「CLOUDSolv(R)」< https://www.nexpect.jp/cloudsolv/>(*注)より提供開始することとなりました。
注:シネックスジャパンのチャネルパートナー向けの、クラウドソリューションにフォーカスしたポータルサイト

■当社提供によるメリット(顧客と販売パートナー視点)
シネックスジャパンの販売パートナーにとっては、Google Workspaceを「rakumo for Google Workspace」とセットまたは追加で提案することで、顧客企業におけるGoogle Workspace利用促進および定着化の効果も期待できます。
また、顧客の組織・業務形態変化に応じこれらクラウドサービスを利用ボリューム増減にあわせて提供できるようになります。

■「rakumo for Google Workspace」の特徴
【利用者様向け】


Google Workspace にログインすれば、rakumo の利用も可能
Gmail、Google Meet、Google カレンダー、Google ドライブと連携し、Google Workspace の更なる利活用を実現


【管理者様向け】


Google Workspace のユーザー、グループ情報と同期するため、導入時や、運用時のメンテナンスなどの負荷が軽減
Google Workspace のユーザー管理、認証、セキュリティ機能を共通利用できる
Google Workspace がもつ機能を更に補完する領域(1.共有カレンダー、2.共有アドレス帳)から、Google Workspace にはない業務領域(3.電子稟議、4.社内掲示板、5.勤怠管理、6.経費精算)までをカバー
1. 階層型組織で予定を管理可能な共有カレンダー「 rakumo カレンダー」
2. 組織ツリーから連絡先を探せる共有アドレス帳「 rakumo コンタクト 」
3. 勤務場所に縛られずに業務を進行させる電子稟議システム「 rakumo ワークフロー 」
4. コミュニケーションを促進する社内掲示板「 rakumo ボード 」
5. 多様な働き方に対応する勤怠管理システム「 rakumo キンタイ 」
6. カレンダー予定と連携する経費精算システム「 rakumo ケイヒ 」

今回の発表に際し、シネックスジャパン 執行役員 プロダクトマネジメント部門 部門長 伊藤 弘泰は次のように述べています。
「この度の協業で、Google Workspaceを導入済みまたは導入検討中のお客様に対し、当社販売パートナー様が生産性向上の提案を行えるようになったことを喜ばしく思います。
加えて、VUCA時代に求められる自律性を組織内で育みイノベーションを生み出すためにも、『 rakumo for Google Workspace 』のような拡張ツールをクラウドとあわせ幅広く展開することは社会的に意味があると確信しております」

rakumo株式会社 代表取締役社長 御手洗 大祐 氏は次のように述べています。
「シネックスジャパン様を通じて、当社サービスである 『 rakumo for Google Workspace 』の販売を開始できることを大変嬉しく思います。
当社は『人』を見据えて、『人』が楽しく働ける企業・団体の発展のために、サービスを提供しております。
シネックスジャパン様は、DX推進において、時間、予算、技術的なリソースが不足していると言われている中小企業、改善が必要とされる教育機関の皆様の課題解決提案にも尽力されております。
rakumoシリーズによる新しい働き方を、企業の皆様はもちろんのこと、多くの教育機関の皆様にも体験いただくにあたり、シネックスジャパン様とそのチャネルパートナー様にご協力いただけることにより、より多くのお客様にに手軽に、便利にご利用いただけるようになると確信しております」


今後もシネックスジャパンは、目標、戦略、リソース、テクノロジーソリューションを共有することで、顧客、ビジネスパートナー、従業員が成功を収めることを支援します。
賢い投資、イノベーション、ソリューションベースの製品により、すべてのステークホルダーに対する企業価値を高めます。

シネックスジャパンについて
シネックスジャパンは、米国SYNNEX Corporation(※)の日本法人です。
シネックスジャパンは、従来の卸売ビジネスに加え、お客様の課題を解決するために国内外の製品・サービスを組み合わせたソリューション提案を行うことで、「ハイブリッドディストリビューター」としての付加価値を提供しております。また、eコマースやデジタルマーケティングにより、ビジネスパートナー様からエンドユーザー様まで幅広くサービスをご提供いたします。

※SYNNEX Corporationは全世界26ヵ国で従業員を有し、IT製品を中心としたディストリビューション、ロジスティクス、 ソリューションを提供する、米国フォーチュン 500社(2021年117位)に選ばれているグローバルディストリビューターです。フォーチュン 500ランキングについての詳細な情報は、
https://fortune.com/company/synnex/fortune500/
をご参照ください。


rakumoについて
rakumo 株式会社は、「仕事をラクに。オモシロく。」をコンセプトにSaaS製品であるrakumo製品(Google Workspace版rakumo及びSalesforce版rakumo)の開発・販売の他、他社ライセンス(Google Workspace等)の代理店販売を実施しております。


【本件に関するお問い合わせ】
〒135-8559 東京都江東区東陽6-3-1 東京イースト21ビジネスセンター2F
シネックスジャパン株式会社
デジタルトランスフォーメーション&マーケティング部門 マーケティング本部
e-mail : pr@synnex.co.jp

※掲載されている社名又は製品名は、各社の商標又は登録商標です。
(C)2021 SYNNEX Japan Corp.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング