レシート撮影であっという間に支出管理ができる <大人気>無料家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ)」、50万ダウンロードを達成!

PR TIMES / 2013年5月16日 14時34分

株式会社ブレインパッド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:草野 隆史、東証マザーズ証券コード:3655、以下ブレインパッド)は、レシートをスマートフォンのカメラで撮影すると、内容(購入日時、店舗情報、品目、価格)をその場で自動データ化、自由に分析、記録、共有ができる無料家計簿アプリ「ReceReco(レシレコ)」がリリース後、104日間で50万ダウンロードを達成したことを発表いたします。



 ReceRecoは1月31日のApp Storeでの配信直後より、「レシートを撮影すれば、あっという間に家計簿ができる」という利便性やCSVやEvernoteに出力できる拡張性、スマホでの利用を中心に据えたシンプルかつ洗練されたUI設計が、「とにかく簡単で初めて続いた家計簿」、「レシートをもらうのが楽しくなった」、「財布にレシートがたまらない」といった利用者の支持を集め、リリース時に年間目標としていた50万ダウンロードを約3ヶ月半で達成いたしました。

 今後は、100万ダウンロードを年間目標とし、6月中より予定している「OCN家計簿」、「MoneyLook(R)」、「マネーフォワード」との連携や、開発中のAndroid版の投入、追加機能の拡充などに「家計簿をリデザインする」というコンセプトのもと、引き続き積極的に取り組んでまいります。

■ サービスの開発背景
 現在、長引く不況の影響下で日本の家計、サラリーマンの財布は厳しさを増す一方と言われています。そこで家計やお金の管理の重要性は相対的に高まっているはずですが、従来の家計簿に代表される支出管理の方法につきものの「面倒さ」、「つまらなさ」は大きな課題として存在します(注1)。また、クレジットカードが普及し電子マネーも都市部では頻繁に利用されているとはいえ、米国と比較すると日本の決済は未だ大部分を現金決済が占めており、支出管理を煩雑な物にしている一因と言えます(注2:個人消費における現金決済の割合は、米国の19.4%に対して日本では56%を占めます)。ブレインパッドではそういった現状を踏まえ、従来の支出管理の煩わしさを解消し、逆に楽しさを提供できるような「新しい家計簿」が必要であると考えました。そこで、昨今主婦の間でも急速に普及しているスマートフォン(注3)に装備された高機能のカメラに着目し、「家計簿をリデザインする」をコンセプトにReceRecoを開発いたしました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング