デルタ航空、第3四半期の業績を発表

PR TIMES / 2012年10月26日 9時48分



【米国アトランタ、2012年10月24日】- デルタ航空 (NYSE:DAL) は本日、2012年9月を期末とする第3四半期の業績を発表しました。主な内容は次のとおりです。

・ 2012年第3四半期(7-9月期)の特別項目1を除く純利益は7億6,800万ドル(希釈後1株当たり0.90ドル)でした。
・ 未済燃料ヘッジの評価替え調整その他の特別項目を加えると、デルタ航空のGAAPに基づく第3四半期純利益は10億ドル(希釈後1株当たり1.23ドル)でした。
・ デルタ航空の単位収益は3%増となり、18ヶ月連続で業界水準を上回りました。
・ この業績には年初から総計3億900万ドルのプロフィット・シェアリング (デルタ航空財務目標達成への従業員の貢献を評する利益分配)費用1億7,400万ドルが含まれます。また、従業員には、弊社の営業目標及びお客様サービス目標の達成に対して、2012年報奨金(シェアード・リワード)6,700万ドルを支払いました。

2012年第3四半期(7-9月期)末における制約を伴わない流動性資産は51億ドル、調整後純負債は119億ドルでした。 

デルタ航空の最高経営責任者、リチャード・アンダーソン (Richard Anderson) は次のように述べています。「第3四半期の堅調な業績と、業界をリードする運航実績ならびに顧客サービスの実現は、業界構造の改善と継続的な事業への投資による効果を反映したものです。2013年に向けて、この流れを踏襲していきます。財務基盤が安定したことにより、短期的な利益の追求よりも、長期的な利益率の拡大に主眼を移し、利益確保と株主への還元を維持することができました。良い航空会社を構築するために努力を続けるにあたり、世界中の従業員の意欲と貢献に感謝したいと思います。」

収益環境
2012年第3四半期(7-9月期)の営業収益は、前年同期比で、輸送容量(キャパシティ)を1. 5%削減したにも関わらず、1億700万ドル(1%)増加しました。座席利用率(ロードファクター)は前年比0.3ポイント増の86.4%でした。
・ 旅客収益 は前年同期比1億2,400万ドル(1%)増加しました。旅客単位収益(PRASM)は、イールドの3%向上により3%増加しました。
・ 貨物収益 は、イールドの低下を取扱量増加により一部相殺したものの、1,400万ドル(5%)減少しました。
・ その他収益 は、他社向け整備収益の減少がコードシェア収益の増加により一部相殺されたものの、300万ドル減少しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング