話題の“教育改革”、日本人が苦手な“英語”に注目 「えいご耳」が育つのは、未就学児まで!? 日本人こそ「えいご耳」! そのポイントは「リズム」

PR TIMES / 2014年1月9日 13時48分

トレンド総研(東京都渋谷区)では、今回、英語教育に注目しました。小学校に入学前の、“未就学児の英語教育”をテーマに調査を行いました。
はじめに、未就学児の母親を対象に、英語教育に対する意識・実態についてアンケート調査を実施。その上で、本調査の結果から注目したキーワード、“えいご耳”の重要性について、言語脳科学者である東京大学の酒井 邦嘉教授にお話をうかがいました。



今回、トレンド総研(東京都渋谷区)では、英語教育に注目しました。日本人の英語力の低さに対する懸念は、よく耳にするところです。「小学校の英語必修化」も記憶に新しいこのタイミングですが、グローバル化が進む中で、次代を担う子供たちの英語教育は十分なものになっていると言えるのでしょうか。バイリンガル育成には年齢的な限界があると言われるように、やはり、外国語の習得には、早期接点の創出が効果的と言われます。「小学生になってからではもう遅い」ということも、あり得るのかもしれません。そこで、小学校に入学前の、“未就学児の英語教育”をテーマに調査を行いました。
はじめに、未就学児の母親を対象に、英語教育に対する意識・実態についてアンケート調査を実施。その上で、本調査の結果から注目したキーワード、“えいご耳”の重要性について、言語脳科学者である東京大学の酒井 邦嘉教授にお話をうかがいました。


■ レポート内容
1. 母親たちの意識とは!? 子供の英語教育に対する不安と実態
  「小学校の英語必修化」の賛否から母親の不安まで、未就学児の母親500名に調査を実施。
2. 言語脳科学者・東大 酒井教授に聞く、未就学児の英語教育と“えいご耳”
  言語脳科学者に聞いた、未就学児の英語教育のポイント、 “えいご耳”の重要性が明らかに!

≪テーマの背景と本レポートの目的≫
少子化に代表されるように、子供を取り巻く環境の変化の中で注目度を高めている、教育改革。文部科学省を中心に、様々な教育制度の見直しが推し進められています。「センター試験の廃止検討」や「ICT教育の普及を見据えたタブレット端末のテスト導入」など、話題に事欠きません。
その中で、教育改革の大きな一歩となったのが、「小学校の英語必修化」。企業における英語の社内公用語化がメディアに大きく取りあげられるなど、グローバル化が進む現代では、この改革に期待されるところは大きいです。しかし、一方で、これが十分なものなのかは分かりません。より早い段階で、英語を習う方が良いのではないか、そんな疑問もふと頭をよぎります。
こうした疑問に答えるため、本レポートは、未就学児への英語教育の重要性と、そのポイントを提起することを目的とします。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング