国民的マンガ『キン肉マン』作者・ゆでたまごが35年間の創作秘話を初めて語る!

PR TIMES / 2014年6月10日 9時44分

~キン肉マンのモチーフは馬場×猪木だった! ウォーズマンのパロ・スペシャルは間違い!?etc. ~

 株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)は、2014年6月9日に
宝島社新書『ゆでたまごのリアル超人伝説』を発売します。




 本書は、80年代に一世を風靡し、今なお絶大な人気を誇るプロレス系格闘漫画『キン肉マン』の作者・ゆでたまごの2人(嶋田隆司氏と中井義則氏)が『キン肉マン』を描き始めた小学校時代から、現在のことまでを振り返り、人気超人やベスト興行、実在のレスラーの話題などを交え、『キン肉マン』の創作秘話を語り尽くした一冊です。著者が『キン肉マン』の創作秘話についてここまで深く語るのは、今回が初めてのことです。
 著者は、超人たちがプロレスをモチーフとした闘いを繰り広げるという世界観に一貫してこだわり続けてきました。『キン肉マン』が世に送り出されて35年、そのこだわりや多数の創作秘話が本書では明かされています。

 
誰も知らなかった『キン肉マン』の秘密を作者・ゆでたまごが語り尽くす!
<収録内容>
◆キン肉マンのモチーフは馬場×猪木だった!
◆キン肉星にマスクをもたらしたのは山本小鉄!?
◆キン肉の“キン”がカタカナなのは、当時、小学4年生だった作者には、“筋”の漢字が書けなかったから!
◆アデランスの中野和雄がAKB48に影響を与えた・・・!?
◆ウォーズマンのパロ・スペシャルは間違いから生まれた!?
◆ラーメンマンがプロレス新団体を旗揚げ!?

【著者プロフィール】ゆでたまご
漫画家の嶋田隆司と中井義則による共同ペンネーム。1978年、高校3年生のときに描いた『キン肉マン』が赤塚賞準入選となり、翌年5月から『週刊少年ジャンプ』で連載開始。1983年4月にはテレビアニメが放送開始。「キン消し」などのキャラクター商品も人気となり、爆発的なキン肉マンブームを起こす。1987年3月、連載終了。2011年11月、『週プレNEWS』で24年ぶりに続編の連載を再開、現在も連載中。ほかの代表作に『闘将!!拉麵男』『ゆうれい小僧がやってきた!』『キン肉マンII世』などがある。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング