GW国内旅行動向を発表 前年同期比+5.7%と伸長、お遍路巡礼ツアー客人気沸騰の予感!?

PR TIMES / 2014年4月10日 13時13分

国内旅行は前年同期比+5.7%と伸長しており、 特に後半の4連休が同+14.7%と予約が集中

楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、2014年4月26日から5月6日のゴールデンウィークの期間における国内旅行の予約状況についてまとめましたので、お知らせいたします。



────────────────────────────────────────────────────────────────────────
              ■□ 2014年 ゴールデンウィークの海外旅行動向 概要 □■

【対象期間】2014年4月26日(土)~5月6日(火)
【ハイライト】
国内全体(国内宿泊+ダイナミックパッケージ): 前年同期比+5.7%
エリア別:徳島県 同+45.4%・島根県 同+21.3%・神奈川県 同+20.5%
後半4連休(5月3日~6日):同+14.7%
────────────────────────────────────────────────────────────────────────
【国内旅行トピックス】
今年のゴールデンウィーク(以下GW)は国内旅行が前年同期比+5.7%と伸長しており、特に後半の4連休が同+14.7%と予約が集中しています。日並びの影響もあって、前半・後半での需要の違いは見られますが、全般的には堅調な成長を見せており、消費税増税による影響は軽微と推察されます。宿泊のピーク日は5月3日となっております。

■20代を中心にスマートフォンからの予約が急増
年代別の予約状況では、20代が同+30.7%と市場をけん引しており、特にカップル旅行・グループ旅行のニーズが高まっています。また、スマートフォン・タブレットを合わせた、「スマートデバイス」による予約は、同+59.8%と急増しており、スマートデバイスの急速な普及もあいまって若年層による旅行予約が活性化しています。

■後半4連休が人気・消費税増税の影響は見られず
今年は日並びの影響により休日が分散しており、4連休となる後半が同+14.7%と集中しています。この後半4連休の予約単価(税抜き)は同+1.1%と上昇しており、消費税増税直後にも関わらず、消費マインドの冷え込みは見られておりません。実際、楽天会員に対するアンケート(回答者数1,782サンプル)では、消費税増税により、今年の旅行予約に影響は
「ない」と答えた回答者が58.8%と多数を占めております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング