東海道新幹線開通や“国鉄最後”のダイヤ改正も掲載、貴重な「時刻表復刻版」シリーズのキャンペーン開催!元編集長がReader Storeで「みどころ」を特別解説

PR TIMES / 2014年4月4日 9時49分



電子書籍関連事業を展開する株式会社ブックリスタ(東京都港区)は、ブックリスタがプラットフォーム提供する電子書籍ストア「Reader Store」(運営:ソニーマーケティング株式会社)にて、本日4月4日(金)より、歴代JTB時刻表を電子書籍で復刻した「時刻表 復刻版」シリーズ(発行:株式会社JTBパブリッシング)のキャンペーンを開催いたします。

本キャンペーンでは、大正14年に発刊された創刊号をはじめ、現在電子書籍で復刻されている貴重な9作品を特集。元JTB時刻表編集長の木村嘉男氏に「みどころ」を解説いただくほか、期間限定の特別価格 各1,300円(税込、通常価格1,500円)、全巻セット9,800円(税込、通常価格10,800円)でご提供します。キャンペーン期間は5月8日(木)23:59までです。


(C) JTB Publishing


「時刻表復刻版」のみどころ(木村 元編集長の解説より抜粋)

時刻表復刻版は現在のところ全部で9点。1925(大正14)年4月の創刊号から、青函トンネル・瀬戸大橋開通の1988(昭和63)年3月号までのラインナップ。これだけの年代の差がありながら、どれを見ても違和感があまりないのは、創刊号からすでに時刻はアラビア数字横書きで、始発から終電まで時間の経過とともに左から右へ列車が並んでいること。実はJTB時刻表が創刊されるまでの時刻表は、列車の時刻が漢数字で縦書き、右から左へ列車が配列されていた。しかしJTB時刻表(当時の汽車時間表)は創刊時から現在の時刻表と同じ体裁となっており、また必要な線区を索引地図から探すなど、今と同じ使い方が確立していたのであった。さらに誌面に記号を用いたのも初めての試み。今も使われている駅弁販売駅や、ほんの少し前まで使われていた洗面所設置駅や赤帽のいる駅などの記号が創刊号から使われている。

復刻版時刻表を見るときのもう一つの楽しみは、 … …

続きは Reader Store 特設ページ にてお楽しみください
http://ebookstore.sony.jp/stc/article/recommendation/railwaytimetable/


「時刻表復刻版」配信中作品一覧

◆時刻表復刻版 1925年4月号
鉄道省運輸局編纂の『汽車時間表』1925(大正14)年4月号全ページを収録。今のJTB時刻表の創刊号です。

◆時刻表復刻版 1961年10月号
国鉄監修・交通公社の時刻表1961(昭和36)年10月号全ページを収録。後に「さんろくとお」と呼ばれる10月1日のダイヤ大改正を掲載しています。急行倍増・特急3倍増と呼ばれ、この改正により全国に特急網が形成されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング