世界最大級の動物チャンネル「アニマルプラネット」5月27日より公式YouTubeチャンネルを開設

PR TIMES / 2019年5月29日 5時40分

犬や猫などのかわいいペットをはじめ、動物に特化した動画配信がスタート! http://bit.ly/AnimalPlanetJP

ディスカバリー・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:デービット・マクドナルド)が展開する世界最大級の動物チャンネル「アニマルプラネット」では、5月27日(月)より公式YouTubeチャンネルを新たに開設し、ペットや動物に特化した動画配信をスタートしました。(URL: http://bit.ly/AnimalPlanetJP

5月27日(月)からは猫ヘルパーのジャクソン・ギャラクシーが飼い主の悩みを解決する人気番組「猫ヘルパー シーズン6 ~猫のしつけ教えます~」のフルエピソードを2週間にわたり、平日夕方の時間帯に連日公開する予定です。さらに、6月10日(月)以降は獣医師ジェフ・ヤングが様々な動物を救う現場に密着する「デンバー動物クリニック」や、水槽製造会社「ATM」があらゆる顧客のニーズに応じてユニークな水槽を作る人気番組「魅惑のアクアリウム」など、動物に関する幅広いジャンルの番組の過去エピソードの一部をフルで期間限定公開します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27683/58/resize/d27683-58-939286-4.jpg ]

ディスカバリー・ジャパンでは、昨年よりデジタルコンテンツの強化を図り、動画配信コンテンツを拡充させています。ディスカバリーチャンネルの公式YouTubeチャンネルでは、特にサバイバル系動画への人気が高まっており、チャンネルの登録者数は2019年5月時点で50万以上まで増加しています。

の動画はこれまでディスカバリーチャンネルの公式YouTubeにて一部配信していましたが、今回個別の公式チャンネルを開設することで、動物好きの視聴者をターゲットに、犬や猫などのかわいいペットをはじめ、野生動物や獣医のストーリーなど、日々充実した動物コンテンツを配信してまいります。
[画像2: https://prtimes.jp/i/27683/58/resize/d27683-58-851331-6.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/27683/58/resize/d27683-58-677667-7.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/27683/58/resize/d27683-58-652984-8.jpg ]

<番組画像> Credit: Discovery Communications

<アニマルプラネットについて>
アニマルプラネットは世界最大級の動物チャンネルブランドです。あらゆる方法で人々を動物に近づけることで、誰もが幼少期に抱く動物への好奇心や感動を持ち続けられるようにするというミッションのもと、上質な動物コンテンツを生み出し提供しています。世界200以上の国・地域において合計約3億6千万世帯で視聴されているアニマルプラネットは、弱肉強食の世界から動物と人々の関わり、犬・猫などのペットまで豊富なラインナップを取り揃え、美しい映像と親しみのあるストーリーでお届けします。多様な視点から描いた動物たちの姿は魅力的で、驚きと発見に満ちています。日本では2000年12月より放送を開始。現在は全国のケーブルテレビ局、スカパー!、IPTV放送、各種オンラインメディアなどでご覧いただけます。

<ディスカバリー・ジャパン株式会社について>
米国ディスカバリーの日本法人。1985年6月より米国でディスカバリーチャンネルの放送を開始。現在220以上の国と地域、45言語にて放送を行っており、世界27億世帯が視聴可能な世界最大級のノン・フィクションメディア企業です。ディスカバリーは、リアル・ライフ・エンターテインメントにおけるグローバルリーダーとして、年間8,000時間以上のオリジナル番組を放送し、様々なジャンルにおいて世界中で多くのファンを魅了しています。近年は、EUROSPORTやディスカバリー・キッズを軸としたエンタテインメント事業への拡大を積極的に行っています。日本国内においては、1997年より「ディスカバリーチャンネル」、2000年より「アニマルプラネット」のCS放送を開始。2017年10月にはデジタルメディアの展開をスタートし、宇宙、ネイチャーなど地球上で起きている驚きのあるストーリーを厳選しタイムリーに配信しています。さらに2018年1月に国内初のクルマ・バイク専門チャンネル「Discovery TURBO」をローンチ。www.discoverychannel.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング