社会のインフラを支える電線を楽しく紹介した『今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本』発売

PR TIMES / 2020年11月18日 15時15分



株式会社日刊工業新聞社
2020年11月18日

PRESS RELEASE
日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水治博 本社:東京都中央区)は、初心者・初学者に好評を博している「今日からモノ知りシリーズ」の1冊として、書籍『トコトンやさしい電線・ケーブルの本』を発売しました。


[画像1: https://prtimes.jp/i/33323/58/resize/d33323-58-210770-0.jpg ]




この1冊で電線やケーブルに関係した技術の動向がわかる!

送配電線の損傷で長期の停電が発生した事故に代表されるように、電線やケーブルの整備と保守は、社会的に不可欠なもの。電気分野や通信分野では多くの種類の電線やケーブルが用いられています。不適切な取り扱いや劣化を見落とすと、安全性や社会の安定性を損なう結果になる場合もあるのです。
本書では、この電線とケーブルについて、その材料、種類から、災害対策、障害対策、補助材、検査・保守に至るまで、実務に役立つ情報を丁寧にやさしく、楽しく紹介します。


「今日からモノ知りシリーズ」!初学者が読む“入門の前”の入門書

「今日からモノ知りシリーズ」は、創刊以来300テーマ以上を扱っている人気シリーズです。豊富な写真やイラストを使用し、予備知識ゼロから読めるよう、基本的な解説はもちろん、歴史から今後の動向まで捉え、初めて学ぶ分野の学習に最適な一冊です。


[画像2: https://prtimes.jp/i/33323/58/resize/d33323-58-575636-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/33323/58/resize/d33323-58-425195-2.png ]




目次

第1章 どんなものが電線材料となっているのか
第2章 裸でがんばる電線たち
第3章 電力と信号を送るケーブルたち
第4章 情報通信社会を支えるケーブルのいろいろ
第5章 巻線と使用環境に対応した電線たち
第6章 身を挺して電線を守る配線材たち
第7章 電線・ケーブルの布設工事とは
第8章 維持管理とリサイクルの手法


書籍情報

定価:(本体1,500円+税)
仕様:A5判、並製、160頁
ISBN:978-4-526-08097-5
発行:日刊工業新聞社
発行日:2020年11月18日


著者紹介

福田 遵(ふくだ じゅん)
技術士(総合技術監理部門、電気電子部門)
1979年3月東京工業大学工学部電気・電子工学科卒業
同年4月千代田化工建設(株)入社
2002年10月アマノ(株)入社
2013年4月アマノメンテナンスエンジニアリング(株)副社長
(社)日本技術士会青年技術士懇談会代表幹事、企業内技術士委員会委員などを歴任
日本技術士会、電気学会、電気設備学会会員
資格:技術士(総合技術監理部門、電気電子部門)、エネルギー管理士、監理技術者(電気、電気通信)、宅地建物取引主任者、ファシリティマネジャーなど

著書:『トコトンやさしい熱利用の本』、『トコトンやさしい電気設備の本』、『トコトンやさしい発電・送電の本』、『トコトンやさしい実用技術を支える法則の本』、『技術士第一次試験・第二次試験「電気電子部門」受験必修テキスト第4版』、『技術士第一次試験「基礎科目」標準テキスト第4版』、『例題練習で身につく技術士第二次試験論文の書き方第5版』、『技術士第二次試験「技術士第二次試験「電気電子部門」過去問題〈論文試験100問〉の要点と対策』、『技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト』、『電設技術者になろう!』(日刊工業新聞社)等


【問い合わせ】
日刊工業新聞社
書籍編集部  03(5644)7490
販売・管理部 03(5644)7410

日刊工業新聞社オフィシャルサイト「Nikkan Book Store」
https://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003540
Amazon商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4526080977/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング