1人暮らしは「誰かを求める気持ち」がとくに強く~ 「東日本大震災から1年後の意識調査」結果を発表

PR TIMES / 2012年3月8日 15時39分



●「節電」「エコ」「節約」・・・電力不足と自粛ムードを経て大きく変わった、街と人
●1人暮らしは「誰かを求める気持ち」。 東日本と西日本では不安度の増加に差


東日本大震災が人々の心に強い影響を与えたのは言うまでもありません。
3月11日から、約1年が経とうとした今、
当時と気持ちの変化はあったのでしょうか。それはどんな変化でしょうか。

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、
震災から1年後の今の意識について調査を行い、
「ライフスタイル・時間やお金の使い方の変化」「気持ち・コミュニケーションの変化」「価値観の変化」などについてまとめました。

調査は2012年2月10日(金)~2月23日(木)にかけて実施し、
DIMSDRIVEモニター10,106人から回答を得ています。

今回、このような調査を行うにあたりまして、
「東日本大震災」で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、
被災された方にも改めまして心よりのお見舞いを申し上げます。
ご協力ありがとうございました。

調査結果の詳細  http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2012/120308

-------------------------------------------------------------
■■「節電」「エコ」「節約」・・・
   電力不足と自粛ムードを経て大きく変わった、街と人■■

46の項目について、震災から1年経った今、
心境や行動に変化があったかどうかを尋ねた。

ライフスタイルの面で最も大きな変化があったのは
【節電への意識】で、62.1%の人が「増えた」と回答している。以下、
【エコ意識】(50.7%)、
【節約の意識】(47.2%)と続いた。
原発事故による電力不足で家庭・街も節電に励み、明りの少ない街だった春夏。
また、物資不足で買い物困難な状況、被災地での物資不足を報道を通して目の当たりにするなど、
この1年を通して節電やエコへの意識が高まったことが見て取れる。

また、
【人と人とのつながりを意識する場面】(38.6%)と、
約4割は『人』を意識する事が増えたと回答している。

意外に変化が少なかったのは
【家族と過ごす時間】で、76.1%の人が「変わっていない」と回答している。
その他、
【離れて住んでいる家族への連絡頻度】(79.5%)、
【遠くに住んでいる友人への連絡頻度】(85.1%)、
【友人と過ごす時間】(82.6%)なども
「変わっていない」という回答が多数を占め、
多くの人にとって「身近な人との関わり」は以前とそれほど変わっていないことが分かった。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング