世田谷区立中学校の全校に「ネットリテラシー醸成講座」の講師を派遣

PR TIMES / 2013年6月11日 11時3分

リテラシー講座は昨年2万2500人の全国の生徒・教員・保護者が受講

株式会社ガイアックスは、中学生のソーシャルメディア利用で発生するトラブルを未然に防止するための情報モラル教育として、世田谷区立中学校 全29校(予定)で実施される「ネットリテラシー醸成講座」に講師を派遣することになりましたので、お知らせ致します。



株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、中学生のソーシャルメディア(※1)利用で発生するトラブルを未然に防止するための情報モラル教育として、世田谷区立中学校 全29校(予定)で実施される「ネットリテラシー醸成講座」に講師を派遣することになりましたので、お知らせ致します。
世田谷区で実施するプログラムは、のべ3,200校導入の学校非公式サイト対策「スクールガーディアン」で提供しているソーシャルメディアリテラシー(※2)講座をもとに企画しています。
ガイアックスでは、今後もスクールガーディアンとソーシャルメディアリテラシー講座の提供を通じ、ソーシャルメディアの健全な利用を促進していまいります。
※1 インターネット上において人と人とのつながりにより情報発信・収集ができる場所 (例:SNS・プロフィールサイト・掲示板サイト・ブログサイトなど)
※2 ソーシャルメディア上でのリスクを把握しトラブルを乗り越えられ、かつソーシャルメディアを利用して情報発信し活用できる能力のこと。


● 学校の調査・報告が義務づけられる「いじめ防止推進法案」で、ネットの悪質な書き込みも対象に
国会では、「いじめ防止対策推進法案」が審議されています。
この法案は、学校でのいじめが原因で児童・生徒がけがをしたり、長期間欠席したりする重大な事態が起きた場合、 学校側は調査を行い、事実関係を保護者らに伝えることを義務づけるなどとしています。また新たに、現在、社会問題になっている「インターネットの悪質な書き込みも含む」とも規定されています。そのため、学校現場では、ネット上の書き込みについての調査が必要となり、今後、学校非公式サイト監視のスクールガーディアンの重要性が高まると考えています。


● トラブルの未然防止には、生徒のネットリテラシーが不可欠
このようなネットをきっかけにするトラブルを未然に防ぐには、日々の学校非公式サイト監視はもちろんのこと、当事者になりうる生徒たちへの正しいネットリテラシーを広めていくことが大切だと考えています。ソーシャルメディアの正しい活用方法を知ることは、子どもたちにとって不可欠です。
弊社のソーシャルメディアリテラシー教育の取り組みは、総務省のスマートフォン時代における安心・安全な利用環境の在り方に関するワーキンググループ第2回(2013年1月22日)
http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/kenkyu/11454.html)でも取り上げられました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング