【金融商品への投資に関するアンケート調査】金融商品への投資意向は4割弱、「日本株」が最多。投資の判断材料にしている情報は「新聞記事」「ネットの投資情報ページ」が上位2位

PR TIMES / 2013年12月17日 9時27分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『金融商品への投資』に関してインターネット調査を実施し、2013年11月1日~5日に11,796件の回答を集めました。第9回目の結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18413/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■金融商品投資に興味がある人は3割強。現在投資率は4割強。投資意向は4割弱。投資したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが上位
■投資の判断材料にしている情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が上位2位
───────────────────────────────────────────



◆金融商品投資への興味、現在投資している金融商品
 金融商品投資に興味がある人は34.4%です。興味がある人は男性の方が多く、特に男性30代以上では4割強と他の年代より比率が高くなっています。また世帯年収が高いほど、興味がある人が多い傾向です。

 現在投資している金融商品がある人は42.3%で、2008年調査時から年々減少傾向がみられます。投資している商品は「株(日本企業)」(25.5%)が最も多く、「株式投資信託」「保険」「外貨預金」が各1割強で続きます。「株(日本企業)」「保険」は過去調査と比べて減少傾向です。また、投資においてローリスク・ローリターン型の人では「保険商品」が多く、ハイリスク・ハイリターン型の人では「外国為替証拠金取引(FX)」が多くなっています。


◆金融商品に対する態度・意識、金融資産の総額
 金融商品に対する態度・意識として、「どちらかというとローリスク・ローリターン型」が45.4%と半数近くを占めます。「ローリスク・ローリターン型」(20.9%)とあわせると、ローリスク・ローリターン傾向の人は7割弱を占めます。男性や金融商品に興味がある人ほど、ハイリスク・ハイリターン型の人が多くなっています。

 金融資産総額は「100万円未満」「100万円以上300万円未満」が各2割と、300万円未満は4割強となっています。ローリスク・ローリターン型の人は、他の層より投資金額が少ない傾向です。


◆投資の判断材料にしている情報
 金融商品投資者に、投資の判断材料にしている情報を聞いたところ、「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が各3割前後で上位2位、「テレビのニュース番組」「ビジネス雑誌の記事」「証券会社や銀行の担当者のアドバイス」が続きます。男性30・40代や女性30代は「インターネットの投資情報ページ」が最も多く、女性50代以上は「証券会社や銀行の担当者のアドバイス」、女性20・30代は「家族や親戚のアドバイス」も多くなっています。


◆金融商品の購入先、金融機関選定時の重視点
 金融商品投資者の商品購入先は、「証券会社」「ネット専業証券会社」が上位となっています。男性20~40代や女性30代では「ネット専業証券会社」、女性20代では「生命保険会社・損害保険会社」が最も多く、金融商品の投資においてハイリスク・ハイリターン型の人では「ネット専業証券会社」が多くなっています。

 金融商品投資者が、投資する金融機関を選ぶ際の重視点は「会社が信頼できる」「手数料が安い」「経営が安定している」がトップ3です。「手数料が安い」は男性、「申込み・手続きがしやすい」は女性の方が多く、それぞれ約10ポイントの差がみられます。


◆今後最も投資してみたい金融商品
 今後投資したい金融商品がある人は4割弱です。投資したい商品としては「株(日本企業)」(18.3%)が最も多く、「外貨預金」「金」などが続きます。


──<< 回答者のコメント >>────────────────────────────
◆その金融商品に投資したい理由 (全7,779件)
<日本株>NISAが来年からはじまるので、かたく利益を得たいので株が安心かと。(男性41歳)
<日本株>毎日新聞で株価をチェックできるし、投資信託より、内容が一番わかりやすい。経済の勉強にもなるから。(女性46歳)
<外貨預金>一昔前に比べ、手数料が安くなってきているし、外国の金利は魅力的。(男性34歳)
<外貨預金>日本の国債もいつまでも安心できるものではないし、そうなると日本円での投資が不安。なので、外貨を多少でも持っている方がいいと思う。(女性62歳)
<Gold>価格が安定してるし、実体もある。ある意味、金融商品の王者のような感じ。(男性21歳)
<Gold>変動はあっても、ゼロにはならないから(紙のように無くならないと思っているので)。(女性63歳)
<株式投資信託>株取引を直接するのは知識が足りなくて敷居が高い。投資信託型ならリスク分散型で預貯金より高配当が見込めるし、ある程度絞り込んだ中から選べる。(女性44歳)
<株式投資信託>分散投資でリスクを抑えることが出来る商品だから。(男性37歳)

──<< 調査結果 >>────────────────────────────────
<今 回>(2013/11) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18413/
<第8回>(2012/11) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/17208/
<第7回>(2011/11) http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/16014/
───────────────────────────────────────────

*公開しているWEBページはリンクフリーとなっており、リンクのご連絡も不要です。

<調査結果、掲載・引用に関するお問合せ>
 マイボイスコム株式会社
 (TEL・FAX)03-5217-1911・03-5217-1913
 (Email)   otoiawase@myvoice.co.jp
(企業HP)   http://www.myvoice.co.jp/

(掲載・引用について) http://myel.myvoice.jp/user_data/keisai.php
 *商用目的でない個人のブログ等での部分引用は、申請等の必要はありません。

■これまでの自主調査一覧
  http://myel.myvoice.jp/products/list_all.php

■マイボイスコムでは「アンケートモニター」を募集しています。
 素敵な登録懸賞や、謝礼ポイントもあります。貴方もモニターに参加しませんか。
 (モニター登録の詳細) http://www.myvoice.co.jp/voice/campaign.html
 
■会社概要   
所在地  :東京都千代田区神田錦町3-17-11 榮葉ビル5階
 設立   :1999年7月
 資本金  :1億7,800万円
 代表者  :代表取締役 高井和久

■事業内容
ネットリサーチ
従来型調査(定性、定量調査)
ミステリーショップ調査
テキストマイニング分析
マーケティングデータ販売

■ ■ マイボイスコム株式会社 ■■
企業ページ          http://www.myvoice.co.jp/
モニターページ        http://www.myvoice.co.jp/voice/
サービス内容         http://www.myvoice.co.jp/service/
リサーチメニュー       http://www.myvoice.co.jp/menu/
twitterアカウント       https://twitter.com/MyVoiceJapan
アンケートデータベース    http://myel.myvoice.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング