【金融商品への投資に関するアンケート調査】金融商品への投資意向は4割弱、「日本株」が最多。投資の判断材料にしている情報は「新聞記事」「ネットの投資情報ページ」が上位2位

PR TIMES / 2013年12月17日 9時27分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『金融商品への投資』に関してインターネット調査を実施し、2013年11月1日~5日に11,796件の回答を集めました。第9回目の結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18413/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■金融商品投資に興味がある人は3割強。現在投資率は4割強。投資意向は4割弱。投資したい商品は「株(日本企業)」が最も多く、「外貨預金」「金」などが上位
■投資の判断材料にしている情報は「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が上位2位
───────────────────────────────────────────



◆金融商品投資への興味、現在投資している金融商品
 金融商品投資に興味がある人は34.4%です。興味がある人は男性の方が多く、特に男性30代以上では4割強と他の年代より比率が高くなっています。また世帯年収が高いほど、興味がある人が多い傾向です。

 現在投資している金融商品がある人は42.3%で、2008年調査時から年々減少傾向がみられます。投資している商品は「株(日本企業)」(25.5%)が最も多く、「株式投資信託」「保険」「外貨預金」が各1割強で続きます。「株(日本企業)」「保険」は過去調査と比べて減少傾向です。また、投資においてローリスク・ローリターン型の人では「保険商品」が多く、ハイリスク・ハイリターン型の人では「外国為替証拠金取引(FX)」が多くなっています。


◆金融商品に対する態度・意識、金融資産の総額
 金融商品に対する態度・意識として、「どちらかというとローリスク・ローリターン型」が45.4%と半数近くを占めます。「ローリスク・ローリターン型」(20.9%)とあわせると、ローリスク・ローリターン傾向の人は7割弱を占めます。男性や金融商品に興味がある人ほど、ハイリスク・ハイリターン型の人が多くなっています。

 金融資産総額は「100万円未満」「100万円以上300万円未満」が各2割と、300万円未満は4割強となっています。ローリスク・ローリターン型の人は、他の層より投資金額が少ない傾向です。


◆投資の判断材料にしている情報
 金融商品投資者に、投資の判断材料にしている情報を聞いたところ、「新聞記事」「インターネットの投資情報ページ」が各3割前後で上位2位、「テレビのニュース番組」「ビジネス雑誌の記事」「証券会社や銀行の担当者のアドバイス」が続きます。男性30・40代や女性30代は「インターネットの投資情報ページ」が最も多く、女性50代以上は「証券会社や銀行の担当者のアドバイス」、女性20・30代は「家族や親戚のアドバイス」も多くなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング