仕事をラクにする生産現場のアイデアが、イラスト図解でてんこ盛り!書籍『金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集Part4』発売

PR TIMES / 2020年11月26日 15時45分



株式会社日刊工業新聞社
2020年11月26日

PRESS RELEASE
2020年11月26日
日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水治博 本社:東京都中央区)は、書籍『金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集Part4』を発売しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/33323/59/resize/d33323-59-339887-0.jpg ]




どうすれば現場力を高めることができるか?

新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けた2020年は、全世界で一斉に多くの製品需要がなくなる経験をしました。日本の製造業でもサプライチェーンが分断され、材料や部品調達が滞り、多くの企業で生産が一部停止しました。
これを機にグローバル展開を見直す会社が増えてきています。しかし、諸外国と比べてコスト高の日本に再び生産を戻すには、“強い現場力”を武器に卓越したモノづくりを実現しなければなりません。


からくり改善は、創意工夫で困り事を解決する

そうした中、現場発の「からくり改善」という取り組みが注目されています。からくり改善とは、てこやカム、クランク、ギヤなどの機械要素を用い、低廉でシンプルな設備・装置を製作して生産現場に適用するものです。
ヒューマンエラーによるポカミスを防いだり、身体負荷のきつい作業を楽にしたりするなど、現場の困り事を自ら解決していきます。からくり改善に取り組むことにより、現場力を蓄える企業がここへ来て急増中です。


やさしい絵ときでよくわかる!楽に作業するための仕掛けが満載

本書は、そんな生産現場の創意工夫を活かしたアイデア装置を72例収録。イラストや写真をふんだんに使い、からくりの仕組みや動作、機能が一目瞭然です。
現在の製造現場では不可欠な存在となったIoTやAI、DXと「からくり改善」を融合させる方策も提案。人の作業を単に装置化するのではなく、個人のノウハウなどを「見える化」して共有・活用することも促しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/33323/59/resize/d33323-59-551905-1.jpg ]




目次

〈生産性向上・作業改善(作業改善)〉
紙くずの回収が楽にできるシュレッダー扉の改善/フットペダルを踏み込むとラベルがめくれる/スナップリングの自動切り出し ほか

〈生産性向上・作業改善(搬送)〉
トラック運搬も容易なキャスター/レバー1本で3つの動作を同時展開する台車/台車に荷物を載せたまま車に積み下ろしができる ほか

〈生産性向上・作業改善(治具)〉
置いて飛び出る受け台治具レス/バイス台固定方法の時間短縮/外観検査で全方向から自由にワークを確認できる ほか

〈工具改善〉
てことトグル機構を使った5カ所一発組付/ソケットレスで簡単仮付けできる専用装置

〈安全改善〉
開閉姿に注文の多い製品巻き出し部の安全カバー/製品運搬台車のロック掛け忘れを防ぐ/押し込みと旋回操作でワーク研磨作業を安全化 ほか

〈省エネ・環境改善〉
収納達人!隙間に収まる工具置き場/3Sを実現する手押し台車立体駐車場/作業台車のゴミ箱が勝手に閉まる!! ほか


書籍情報

定価:(本体2,300円+税)
仕様:B5判、並製、152頁
ISBN:978-4-526-08096-8
発行:日刊工業新聞社
発行日:2020年10月26日


編者紹介

公益財団法人日本プラントメンテナンス協会

1961年に設立。1971年に提唱したTPMをはじめ、モノづくりの基盤となる生産性や設備管理技術、保全技術・技能の向上に関する課題解決を支援することで、産業界における生産活動・保全活動の促進、品質安定・向上に寄与する活動を推進・支援してきた。1994年から「からくり改善くふう展」を主催。各企業から「からくり改善」の現物やモデルを展示・紹介し、普及啓蒙に努めてきた。


【問い合わせ】
日刊工業新聞社
書籍編集部  03(5644)7490
販売・管理部 03(5644)7410

日刊工業新聞社オフィシャルサイト「Nikkan Book Store」
https://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003539
Amazon 商品ページ
https://www.amazon.co.jp/dp/4526080969/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング