SHIBUYA109がプロデュース、渋谷で「#タピゴミ0活」運動 SHIBUYAタピオカMAPを配布

PR TIMES / 2019年10月28日 16時5分

株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村知郎/以下当社)は、渋谷の若者にタピオカ容器のポイ捨て・放置禁止を訴求すべく、オリジナルタピオカMAPを作成いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/33586/59/resize/d33586-59-975600-0.jpg ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/33586/59/resize/d33586-59-387236-1.jpg ]

昨今のタピオカブームでタピオカ専門店が増える中、渋谷を始めとした繁華街ではタピオカ容器のポイ捨てや放置が問題視されています。

そこで、当社では渋谷の若者にタピオカ容器のポイ捨て・放置禁止を訴求すべく、オリジナルタピオカMAPを作成いたしました。ゴミを捨てられる場所が少ないという問題を解消すべく、掲載されるタピオカ専門店では自店の物であるなしに関わらず、タピオカ容器を捨てることができます。タピオカMAPは掲載店舗各店にて配布され、ゴミ箱に「渋谷で#タピゴミ0活」ステッカーが設置されます。

当社はご協力いただいたタピオカ店舗様とともに、渋谷の環境美化に貢献して参ります。

「109ニュース記事( https://109news.jp/gourmet/20191028/168125/news_ownershibuya109)」もご参照ください。

■「SHIBUYAタピオカMAP」 概要
《企画・制作》株式会社SHIBUYA109エンタテイメント
《参加店舗》17ブランド21店舗
《配布場所》SHIBUYA109渋谷、MAGNET by SHIBUYA109、掲載店舗店頭にて
《配布期間》2019年10月下旬より随時配布

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング