おいしい秋の味覚の季節がやってきます!京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け!

PR TIMES / 2020年8月26日 16時45分

~石井食品公式オンラインストア「イシイのオンラインストア」で8月26日(水)より先行予約開始~

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長執行役員:石井智康、以下、石井食品)は、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な栗を素材とした「石井食品の栗ごはん」 の発売を、2020年9月下旬より、順次スタートいたします。また、石井食品の公式オンラインストア「イシイのオンラインストア( https://shop.directishii.net/)」では、本日2020年8月26日(水)より先行予約を開始いたします。
※当社での製造過程においては食品添加物を使用しておりません。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34294/59/resize/d34294-59-956117-0.jpg ]




今年お届けする“新栗”のストーリー

石井食品では、地域の旬の味を、そのすばらしい食材を求めて全国各地に出向き、旬な味わいを見つけ商品開発を行っています。そして、地域ならではの食べ方を生産者のみなさまに教えていただきながら、イシイの「無添加調理」技術で素材の味を最大限に引き出しています。これが石井食品の「地域と旬」事業であり、本格的な取り組みのきっかけとなったのは、「栗」との出会いからです。

栗は、収穫から加工までの滞留時間の長さで品質が変わります。またその過程の中で、シミを消す「漂白剤」や型崩れを防ぐ「ミョウバン」といった食品添加物が必要になってきます。移動時間を極力短く、採れたてをなるべく早く製品化することができれば、食品添加物を使わずに済み、「石井食品の栗ごはん」の栗は、これらを実現しているのです。また、「無添加調理」の技術を存分に発揮し、千葉・京都・佐賀に製造工場に比較的近くエリアにゆかりのある栗の産地から、旬の恵みを譲っていただくことを目指しました。そのために、社員がひとつひとつの産地を訪問し、生産者のみなさまとの出会いの中で関係を築き上げ、採れたての栗を産地直送で送っていただけるようになりました。収穫した栗を専用の機械にかけて鬼皮を剥いたあと、少しだけ渋皮を残しながら、ひとつひとつ丁寧に、社員一人一人の手によって手剥きを行います。非常に繊細な「栗」を丁寧に、そしてこの取り組みができる石井食品だからこそ、その年に収穫した「栗」を、その年に旬なうちにお客様にお届けでき、そして今年もこの季節がやってきました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/34294/59/resize/d34294-59-705163-8.jpg ]

社員一人一人の手で丁寧に丁寧に、栗の皮を手剥きしています。「石井食品の栗ごはん」は渋皮をほんの少し残し、栗本来の風味も楽しんでいただけます。


[画像3: https://prtimes.jp/i/34294/59/resize/d34294-59-923659-3.jpg ]

今年は、この季節をむかえるまでに、梅雨の時期が長く、また気温の急な上昇などの影響もあり、「栗」の成長には非常に厳しい天候環境が続いています。そんな中でも、8月の下旬に入り、各地の生産者のみなさまからも続々と今年これから収穫の時期を迎える、一番栗のお話が届きました。各地の生産者のみなさまのお声は、「石井食品公式 YouTube( https://www.youtube.com/playlist?list=PLPYlcRidz_IsMn3PLYmOTyVCipAF1gnt7)」にて、本日より配信をスタートしますので、是非、ご覧ください。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=Oj-qL_kJK9Y ]



 石井食品が今年ご用意するのは、日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、栗がもつ自然本来の風味の残る「石井食品の栗ごはん」です。栗の収穫の最盛期はもう少し先になるので、今年の栗がどのような風味と食感になって、どのような栗の粒に育っているのか、わたしたちも今からとても楽しみにしています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/34294/59/resize/d34294-59-243621-4.jpg ]



「石井食品の栗ごはん」

「石井食品の栗ごはん」は、今年採れた国産の栗を使用。市販されている栗ごはんの素は、昨年収穫した栗を保存して使われていることが多いですが、石井食品では産地直送の栗をそのまま使い、シンプルな無添加調理を実現しています。また産地ごとに異なる栗の特性に合うように、こだわりの調味料や味付けを研究。栗がもつ自然本来の風味を引き出せるように、砂糖を使わず、それぞれの生産地の自然の力蓄えた、どこか懐かしい自然な甘みをお楽しみいただけるような味付けに、仕上げました。気になった産地や応援したい産地のものを買ってもよし、いくつか購入して食べ比べてみるもよし。シンプルな栗ごはんだからこそ、是非産地の違いに着目して、お楽しみください。

[画像5: https://prtimes.jp/i/34294/59/resize/d34294-59-855488-5.jpg ]

「石井食品の栗ごはん」今年採れた栗ごはん 2合用 商品ラインアップ
(上)左から、京都京丹波の栗、岐阜山県の栗、熊本やまえ村の栗
(下)左から、埼玉日高の栗、千葉成田の栗、千葉市原の栗、茨城笠間の栗

「石井食品の栗ごはん」は2020年9月下旬より、順次発売をスタートいたします。 また、石井食品の公式オンラインストア「イシイのオンラインストア( https://shop.directishii.net/)」にて、2020年8月26日(水)より先行予約を開始いたします。詳しくは「石井食品の栗ごはん」専用サイト( https://cp.directishii.net/kurigohan)よりご覧ください。

※天候により収穫時期に変動がございます。それにともない、発売日につきましても前後する可能性がありますこと、予めご了承ください。


【石井食品について】

1946 年千葉県船橋市にて佃煮製造を開始し、真空包装品・煮豆小袋を発売。その後1970年には業界初の調理済みハンバーグ 『チキンハンバーグ』 を発売。1974年には 『イシイのおべんとクン ミートボール』でおなじみの「ミートボール」を発売。素材本来の美味しさを最大限に引き出すため、「無添加調理」に取り組んでおり、味や色そして食感など素材のもつ本来の力を生かす調理と技術・本物の美味しさの追究を行っています。

(会社概要)
■名称 :石井食品株式会社
■所在地:〒273-8601 千葉県船橋市本町 2-7-17
■代表者:代表取締役社長執行役員 石井 智康
■設立 :1945 年(昭和 20 年)5 月
■資本金:9 億 1,960 万円 (東京証券取引所第二部上場)

(関連リンク)
■石井食品ホームページ: https://www.ishiifood.co.jp
■石井食品公式 Twitter: https://twitter.com/ishii_official
■石井食品公式 Facebook: https://www.facebook.com/ishiifood.co.jp
■石井食品公式 Instagram: https://www.instagram.com/ishii_official/
■石井食品公式 note : https://note.com/directishii
■石井食品公式 YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCa5gIvP992AvAR5RwxSPnOQ
■石井食品公式 オンラインストア 無添加調理専門店「イシイのオンラインストア」
https://shop.directishii.net/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング