資格も実績もない凡人学生が、就活で複数内定を獲れる!? 就活で負けないための方法を公開!

PR TIMES / 2012年9月25日 15時31分



株式会社中経出版(東京都千代田区)より、2012年9月に単行本『凡人内定戦略 自己PRすることがない就活を複数内定で終わらせるために』が発売されました。

《中経出版》http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784806144984
《Amazon》http://www.amazon.co.jp/dp/4806144983/



【凡人学生は、そのままでは勝ち目がない!】

時代は就職氷河期。驚くべき数の学生が、就職先を決められないまま卒業しています。
とくにこうした時代に厳しい局面に立たされるのが、なんとなく大学に進学し、就職開始まで特に努力をしてこなかった学生。

今作の著者・武野光氏はこうした学生を「凡人学生」または「無能学生」と呼び、そのままでは決して内定がとれないことを強く主張します。
なぜなら、著者である彼もまた、凡人学生だったからです。

著者の武野光氏は、関西の私立大学に推薦で入学し、学歴ナシ・実績ナシのまま就活を開始。友達もほとんどおらず、サークルにすら未所属だった彼は、典型的な「凡人学生」でした。就活開始後、一度は就職活動に絶望した武野氏でしたが、あるとき、ふと「凡人学生ならではの就活のやりかたがあるのではないか」と気付き、それを実践するようになりました。その結果、関東の超人気企業の内定をはじめ、複数内定を獲得するまでになりました。

今作は、こうした武野氏の就活生としての経験をもとに、どんな学生でも実行できる就活の方法論を解説しています。1冊を通じ、就活の初期から複数内定獲得までの一連の流れを解説。凡人学生が陥りやすい罠や、世間一般で言われる就活の常識についても分析しています。



【凡人内定戦略ならではの方法とは!?】

凡人が複数内定をとるために、本書ではいくつかの基本ルールがあげられています。

1.資格や実績で勝負せず、人柄で勝負する
2.具体的な数字をもとに行動する
3.俗説にまどわされない
4.凡人であることを忘れない
5.内定をとった状態になることを最優先する

本書は、こうした基本方針をもとに、誰でも実行できる就活の方法論を解説していきます。
就活のやり方や、自分のステータスに自信のない学生にも勇気を与える1冊です。



【本書の主な構成】

はじめに
凡人の心構え
凡人の自己分析
凡人の自己PR
凡人の企業研究
凡人のインターンシップ
就活にまつわる腐った噂
凡人の見てくれ
凡人のエントリーシート
凡人の選考
凡人の面接
凡人の最終選考
凡人の内定
おわりに

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング