【パスタソースに関するアンケート調査】自宅でパスタ料理を食べる人は9割弱。そのうち7割強が「市販のパスタソース」を利用、素材から手作りする人は4割

PR TIMES / 2013年12月18日 9時28分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『パスタソース』に関してインターネット調査を実施し、2013年11月1日~5日に11,327件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18404/


──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■自宅でパスタ料理を食べる人は9割弱。そのうち市販のパスタソース利用者は7割強、素材から手作りする人は4割
■パスタソースは「だいたい同じ商品を買う」が3割強、「メーカーや銘柄はだいたい決まっているが種類は決まっていない」「種類はだいたい決まっているが、メーカーや銘柄は決まっていない」が各2割弱
───────────────────────────────────────────



◆自宅でパスタ料理を食べる頻度、パスタソースの準備方法
 自宅でパスタ料理を食べる人は88.0%、「月に2~3回」(31.5%)がボリュームゾーンです。女性は食べる頻度が高く、特に40代で多い傾向です。男性では20代が最も少なくなっています。

 自宅でパスタ料理を食べる人の7割強は市販のパスタソースを利用しています。「レトルトのパスタソース・温めるタイプ」(56.7%)が最も多く、「市販の缶詰のパスタソース」が30.6%です。「レトルトのパスタソース・温めるタイプ」は女性30・40代で各7割弱、男性は若年層ほど多い傾向です。素材から手作りする人は40.7%で、女性30代以上では6割弱にのぼります。


◆好きなパスタソース
 パスタ料理を食べる人に好きなパスタソースを聞いたところ、「トマトソース」が最も多く、「たらこ・明太子」「ナポリタン」「カルボナーラ」「ミートソース、ボロネーゼ」が各4~5割で続きます。「たらこ・明太子」「和風」「トマトクリーム」は女性が男性を大きく上回ります。「カルボナーラ」は若年層で多く、10代では1位、男性20・30代や女性20代では2位となっています。「ナポリタン」は男性高年代層ほど多い傾向です。


◆直近1年間に利用した市販のパスタソース
 市販のパスタソース利用者が直近1年間に利用した銘柄は、「キユーピー あえるパスタソース」「S&B まぜるだけのスパゲッティソース」「カゴメ 完熟トマトシリーズ(缶詰)」「日清製粉 青の洞窟」などが上位となっていますが、「メーカー・シリーズはわからない」が3割弱みられます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング