フォトシンスと美和ロック、住宅用スマートロックの合弁会社を設立

PR TIMES / 2020年12月25日 14時15分

鍵を起点に住宅の安全・安心と利便性を両立するソリューションを提供

株式会社Photosynth(東京都港区、代表取締役社長 河瀬 航大、以下フォトシンス)と、美和ロック株式会社(東京都港区、代表取締役社長 川邉 浩史、以下美和ロック)は、住宅向けサービスを開発・提供する合弁会社「株式会社MIWA Akerun Technologies」を、2021年1月に設立します。

今回の合弁会社の設立により、ネットワークとロックがつながることで、安全・安心はもとより、利便性が拡大した「鍵」を起点に、住宅そのものの価値の向上にも貢献していきます。



合弁会社設立の背景
デジタル化が生活に普及した現在、消費者の生活行動様式も大きく変化する中で、スマートロックを活用した利便性やセキュリティの向上、安全・安心な生活に貢献する製品やサービスを共同開発する合弁会社を設立する運びとなりました。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、非対面、非接触、トレーサビリティのニーズが高まっていることなど、浮き彫りとなった日本社会の課題にも取り組んでまいります。


スマートロックを通じて住宅向けサービスを共同開発
合弁会社では、「Akerun」に代表されるクラウド鍵(キー)の開発力やサブスクリプション・ビジネスにおけるノウハウを持つフォトシンスと、建築用錠前の日本国内シェアNo. 1の美和ロックの両社の強みを活かし、スマートロックを通じた住宅向けサービスを開発していきます。
今後の予定については、順次発表していきます。


<合弁会社概要>

[表: https://prtimes.jp/data/corp/11385/table/60_1.jpg ]



【株式会社 Photosynth 会社概要】
会社名:株式会社 Photosynth (フォトシンス) (Photosynth Inc.)
創業:2014年9月1日
本社所在地:東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町15階
代表者:代表取締役社長 河瀬 航大 (かわせ こうだい)
資本金:23億6千万円 ※資本剰余金含む
決算期:12月
事業内容: (1)IoT関連機器の研究開発 (2)「Akerun入退室管理システム」の開発・提供
ホームページ: https://photosynth.co.jp/

【Akerunについて】
「Akerun」は、あらゆる鍵をクラウド化し、利便性やセキュリティの向上を実現するIoTサービスです。あらゆる扉がインターネットにつながることで、様々な場所やシーンへのアクセス管理を実現します。Akerunブランドの主要サービスである法人向け「Akerun入退室管理システム」は、既存の扉に後付けで導入でき、スマートフォンやICカードでの施錠・解錠に加え、クラウドを通じた鍵の権限管理や入退室管理が可能になります。
サービスサイト: https://akerun.com/

【美和ロック株式会社 会社概要】
会社名: 美和ロック株式会社(MIWA LOCK CO., LTD.)
創業:1945年5月5日
本社所在地:東京都港区芝3丁目1番12号
代表者: 代表取締役社長 川邉 浩史 (かわべ ひろし)
資本金:6億1千万円
売上高:504 億2千万円(2020年3月期)
当期純利益:54億6千万円
決算期:3月
従業員数:1,441名
事業内容:建築用錠前、工業製品用錠前、ドアクローザ、セキュリティシステム及び関連機器、サッシ金具、建築金具ほかの設計・製造・販売・リフォーム施工・メンテナンス等及びサイン事業
ホームページ: https://www.miwa-lock.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング