ビジネスチャット初*となるLINEアカウントによるログインに対応 アルバイトスタッフでも簡単に使えるビジネスツールへ

PR TIMES / 2018年9月11日 12時1分

仕事用のLINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)は、ビジネスチャットで初となるLINEアカウントによるログイン機能に対応したLINE WORKS 2.4を本日リリースしたことをお知らせいたします。



本機能により、LINE利用者であれば、LINE WORKSのIDやパスワードなどの設定が不要となり、自身のLINE アカウントでLINE WORKSを利用できるようになります。店舗などのアルバイトスタッフはITツールに馴染みの薄い学生や主婦であることも多く、誰でも簡単に使えるビジネスチャットとして、多様なスタッフが働く現場へのLINE WORKS導入拡大を目指します。
*タイトル"*"部分については、自社調べとなります。
[画像: https://prtimes.jp/i/20202/60/resize/d20202-60-343420-0.jpg ]

LINEアカウントによるLINE WORKSログイン(初回設定時)


利用ハードルを下げ、アルバイトスタッフが多い店舗などでより使いやすく

学生や主婦などのアルバイトスタッフが多い店舗などでは、ビジネス用ITツールに普段触れることがないスタッフが多く、業務改善のためにツールを導入しても使われずに浸透しない、使いこなせないという課題があります。特に、ビジネス用のツールでは毎回、ログイン操作を求めるものも多く、アカウントを管理してログインすることに慣れていないスタッフに対する教育がビジネスツール導入の1つの課題と考えられていました。LINE WORKSは、LINEを踏襲した使いやすさにより、LINEを使ったことがあれば簡単に使えることから、これまでビジネスチャットが浸透してこなかった幅広い業種で導入が進んでいます。LINE WORKS 2.4では、利用者がLINE WORKSアカウントに自身のLINEアカウントを紐付けることにより、LINEにログインしていれば、別途ログイン操作をすることなくLINE WORKSを使用できる機能を実装しました。本機能によって、これまでよりもさらに利用ハードルを下げることで、ビジネス用ITツールに馴染みのない学生や主婦が働く現場へのLINE WORKS導入を促進し、市場拡大を目指します。



LINE WORKS永年無料キャンペーン

2018年11月30日(金)までにお申し込みいただくと、LINE WORKS特別プラン(フリープラン)が無料で使える、期間限定の「LINE WORKS永年無料キャンペーン」を実施します。* 本キャンペーンを活用することで、アップデートされたLINE WORKS 2.4をより幅広いお客様にご体験いただけます。

*有効お申し込み数が3,000件に達し次第、本キャンペーンは終了させていただきます。



LINE WORKS 2.4の主な機能追加

※アップデートの詳細はLINE WORKS公式サイトのお知らせをご確認ください。
URL: https://line.worksmobile.com/jp/blog/updateinfo/20180911

1) LINEアカウントによるログイン機能
2) 招待リンクによるメンバー登録機能
3) 外部送信メールサーバー対応
4) アンケートのテンプレート管理機能
5) スタンプの追加(LINE WORKSオリジナルスタンプを含む4種)
6) ファイルのロック機能


「LINE WORKS」とは

LINE WORKSは、LINEの使いやすさはそのままに、仕事でも安心の「仕事仲間と使えるLINE」です。チャット機能に加え、無料通話、掲示板、アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有、ログ管理など仕事に必要なすべての機能を1つのアプリで網羅。すべての機能をスマートフォンだけでストレスなく利用できるよう設計されています。LINEを使ったことがあれば導入教育不要、はじめて仕事でチャットを利用したい方に最適なツールとなっています。



会社概要

社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 石黒豊
資本金:30億2,000万円
URL: https://line.worksmobile.com/jp/
※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング