NTTソフトウェアとソースポッド、メール誤送信防止製品『CipherCraft(R)/Mail』で協業し、 全機能を提供するクラウドサービスをリリース

PR TIMES / 2012年3月12日 17時15分



3年連続国内メール誤送信防止市場シェアNo.1(*1)のメール誤送信防止製品『CipherCraft(R)/Mail(サイファークラフト メール)』の開発・販売を行うNTTソフトウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 伸一、以下 NTTソフトウェア)とクラウドメールサービス及びメールシステム導入コンサルティング・ソリューションを提供する株式会社ソースポッド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本剛、以下 ソースポッド)は、メール誤送信防止製品『CipherCraft(R)/Mail』において協業し、『CipherCraft(R)/Mail』の全機能をクラウドで利用できる『SPC Mailエスティー』のサービス提供を開始いたします。
(*1)株式会社ソースポッド発行「国内メール誤送信防止市場分析レポート2011」

近年、メール誤送信による情報漏えいが多発しています。中には機密情報や個人情報までが漏えいし、企業や組織に大きな被害をもたらしています。ただし、いざメール誤送信対策を実施しようとしても、社内にサーバーを設置して対策するには、その導入・運用コストにより、導入に踏み切ることができないお客様がいらっしゃいました。また、「Google Apps」や「Microsoft Office 365(以下 Office 365)」をはじめとするクラウドメールサービスを導入しているお客様より、『CipherCraft(R)/Mail』と連携したいという多くのご要望をいただいていました。

これらのお客様のご要望を実現するために、NTTソフトウェアの技術協力の下、ソースポッドが『CipherCraft(R)/Mail』の全機能をクラウドで利用できる『SPC Mailエスティー』をリリースいたします。『SPC Mailエスティー』では、主に次のようなメリットをご提供いたします。

1. 『CipherCraft(R)/Mail』の全機能をクラウドで利用できる
出荷累計で約23万ライセンス、3年連続国内メール誤送信防止市場シェアNo.1の『CipherCraft(R)/Mail』の全機能をクラウドサービスで利用できます。

2. 初期費用0円、月額費用1ユーザー100円(税別)から利用できる
『CipherCraft(R)/Mail』は機能が豊富であるため、『SPC Mailエスティー』では、お客様が自社要件に合わせて、必要な機能を選択・組み合わせて利用することが可能です。そのため、初期費用0円、月額費用1ユーザー100円(税別)からと最小限の低価格で、メール誤送信対策を導入することができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング