吸引力5倍、清掃性能最大50%向上 ロボット掃除機「ルンバ800シリーズ」発売

PR TIMES / 2014年2月18日 13時7分

3月1日(土)より世界に先駆け店頭販売開始

アイロボット日本総代理店セールス・オンデマンド株式会社 
(本社:東京都新宿区/代表取締役社長 室崎 肇 以下、
セールス・オンデマンド)は、ロボット掃除機 「アイロボット
ルンバ800シリーズ(ルンバ880、ルンバ870)」を
2014年3月1日(土)より百貨店、家電量販店にて
発売いたします。本シリーズの店頭販売は日本が
世界初となり、ルンバ870については世界初発表に
なります。




 ルンバ800シリーズはルンバ700シリーズ発売以来、
3年ぶりの新製品になります。アイロボット社が10年以上の
開発を重ねたどり着いた、強力な吸引力を生み出す
新しい吸引機構「AeroForceTM(エアロフォース)クリーニング
システム」を搭載しました。これにより、従来モデルよりも
吸引力が5倍※1と飛躍的に向上しました。また、清掃後の
お手入れを軽減するなど、高いメンテナンス性を実現、
バッテリー寿命も約3年※3と延びたことでユーザビリティーも
大幅に改善しました。
 本シリーズでもアイロボット社ならではの人工知能と
高速応答プロセス「iAdapt(R)(アイ・アダプト)」など、高い技術は
従来モデルを踏襲しています。その上、強力な吸引機構と
高い自律性を掛け合わせることで、従来モデルと比べ、
総合的な清掃性能も最大50%※2アップし、さらに進化しました。
 セールス・オンデマンドは現行モデル「ルンバ700シリーズ」、
「ルンバ600シリーズ」に加え、「ルンバ800シリーズ」を発売する
ことでラインアップを充実させ、幅広いお客様のニーズに対応し、
さらなるロボット掃除機の普及に努めてまいります。

※ ルンバ800シリーズの詳細はこちらからご覧ください。 http://www.irobot-jp.com/roomba/800series/

【ルンバ800シリーズの主な特長】
1. 新開発「AeroForceTM(エアロフォース)
クリーニングシステム」搭載
ルンバ800シリーズはロボット掃除機の清掃能力の
根幹である吸引機構を大幅に改良しました。
アイロボット社が誇る3つの先進技術の融合により、
ロボット掃除機の常識を覆す吸引力を実現。究極の
清掃性能を目指した吸引機構、それが「AeroForce
(エアロフォース)クリーニングシステム」です。
1. 「AeroForce(エアロフォース)エクストラクター」
ゴミを本体にかきこむためのローラー「AeroForce
(エアロフォース)エクストラクター」は、剛性と弾性を兼ね備えた
ゴム状の新しい特殊素材になりました。この2本の「AeroForce
(エアロフォース)エクストラクター」が床を叩きながらゴミを浮かせ、
それぞれ外側から内側に回転し、ゴミをかきあげます。
2. 「真空エアロフロー構造」
「真空エアフロー構造」は床面と「AeroForce(エアロフォース)
エクストラクター」の間、また2本の「AeroForce(エアロフォース)
エクストラクター」同士の隙間を狭くすることで、空気が流れる経路を
密閉し、強力な空気の流れを作りだします。
3. 「ハイパワーモーターユニット」
「ハイパワーモーターユニット」は小型ながらも、
緻密に設計されたブレード形状と空気の流路によって、
強力でパワフルな吸引気流を作り出します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング