【ミューズ】猛威をふるうインフルエンザ  女性の4人に1人は“看病難民”であることが判明!

PR TIMES / 2013年2月12日 13時4分

1週間で18万人以上が罹患!猛威をふるうインフルエンザ
女性の4人に1人は“看病難民”であることが判明!
■ インフルエンザで寝込んだ際に誰かに頼みたいことNo.1は、「炊事」
■ 子どもを看病する母親の半数が、「買い物」を頼みたいと思っていることが判明
http://www.musejapan.jp/



 レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区芝浦/代表取締役:
ステファン・ガー)が展開する薬用せっけんの「ミューズ」は、2012年11月、
昨年冬(2011年11月~2012年2月頃)にインフルエンザを発症した20~50代の
男女400人と、お子様がインフルエンザを発症した30~40代の母親100人を対象に、
看病に関する意識調査を実施いたしました。

 今シーズンも、2012年10月以降インフルエンザ患者の増加が続いており、
厚生労働省発表のインフルエンザ報告数を見ても、2013年1月21日~27日までの
1週間だけで180,085人もの方々が診断を受けるなど、深刻な事態となっています。
(2013年2月1日厚生労働省発表)


 インフルエンザは、12月~3月は、冷たい空気によってのどや鼻の粘膜が弱まり、
逆にウイルスにとっては気温の低さと乾燥で生きやすい環境となるため、
爆発的に流行する傾向にある(国立感染症研究所 感染症究センター)と言われており、
未だに予断を許さない状況が続きます。


--------------------------------------------------------------------------------------
■女性の4人に1人は看病してくれる人がいないと回答
--------------------------------------------------------------------------------------
 インフルエンザに罹患した場合、治療を受けたとしても38度以上の発熱や吐き気、
下痢、関節痛、筋肉痛などの症状が数日続きます。
また、感染後3日~1週間ほどは体内にウイルスが潜伏している可能性が
高く、外出も制限されます。通常の日常生活を送るのが困難となるため、家族や友人、
配偶者など、周囲のサポートが必要になります。

 しかし、インフルエンザで寝込んだ時に、看病してくれる(あるいは、してほしい)人が“いない”と
答えた女性は24.5%にも上り、4人に1人が、誰にも介抱してもらえない“看病難民”であることが判明しました。
 さらに年代別に見ると、40代の“看病難民”が32%と最も多く、
次いで20代が30%という結果となりました。仕事や子育て、親の介護などに忙しい40代女性が、
最もインフルエンザでも休めない状況にあることが浮き彫りとなっています。
また、25~29歳女性の未婚率が55.9%と高い(2010年 総務省国勢調査)こと
からも、20代の女性が単身で尚且つ一人暮らしが多く、身近に頼れる人がいない状況が伺えます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング