ICT活用教育支援ソフトウェア「SKYMENU Pro Ver.14」発売予定

PR TIMES / 2012年4月11日 14時18分



ソフトウェア開発会社のSky株式会社は、ICT活用教育支援ソフトウェア「SKYMENU Pro Ver.14」(スカイメニュープロ バージョン14)を開発、「SKYMENUシリーズ」のラインナップとして6月に販売を開始する予定です。

※「SKYMENU Pro」は発売以来、全国の学校、25,783校(2012年3月現在)にご導入いただいています。


<「SKYMENU Pro Ver.14」の概要>
■すべての教室でICT活用を
新しい学習指導要領のもと、コンピュータ教室などのICTを活用した学習活動は多様化してきています。
21世紀にふさわしいICT教育環境に向けて、地域によってはコンピュータ教室にノートPCやタブレットPCを導入し、必要に応じて普通教室などでも活用することが検討されています。

 SKYMENU Pro Ver.14では、コンピュータ教室をより多くの場面で活用いただけるよう、使いやすくするための機能改善を行うとともに、子どもたちの作品の評価が行いやすい仕組みなどの機能追加を行いました。
また、デジタルテレビや学習者用の端末を有効活用いただくために、普通教室のICT活用授業を支援する機能も強化。タッチパネルでも使いやすい操作画面を搭載し、教材の提示が手軽に行えるだけでなく、子どもたちの考え方を比較したり、発表させる授業場面を支援します。
 さらに、体験を通して学べる情報モラル教育を支援する機能においては、より多くの先生方に広めてご活用いただけるように、校内研修をサポートするツールもご提供いたします。


<「SKYMENU Pro Ver.14」特長>
■コンピュータ教室をより使いやすく
子どもたちの作品をどこでも確認、評価
『作品ビューア』
複数の子どもの「個人フォルダ」に保存されている、作品や課題などのファイルを次々に閲覧できます。これまでのように、一人ひとりの個人フォルダにアクセスする必要はありません。また、子どもたちの「個人フォルダ」に教材ファイルなどを配付・回収することも可能です。

グループで協力して同時に資料を作成
『グループワーク』
コンピュータ上のワークスペース(もぞうし)に、複数の学習者機から同時に文字や図形を書き込めます。子どもたちがグループで協力して資料を作成したり、付箋を貼り付けて意見を共有したりするという学習活動が行えます。

「コンピュータ教室授業支援」をより使いやすく改善
『動作をより軽快に』
今後のICT環境整備においてノートPCやタブレットPCが導入されることを想定し、SKYMENU Proの各機能の設計を見直し、より軽快に動作するよう改善しました。
・コンピュータの電源を入れてから授業支援機能が使えるまでの時間を短縮
 ・常駐プログラムを軽量化してコンピュータへの負荷を軽減

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング