フリースケールとCogniVue、大衆車向けスマート・カメラの開発に向けて パートナーシップを締結

PR TIMES / 2012年9月14日 14時24分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、自動車安全システムの向上を目的としてCogniVue社の画像認識処理(ICP: Image Cognition Processing:)の知的財産(IP)に関するライセンス契約を結びました。この技術は、先進ドライバ・アシスタンス・システム(ADAS)向けの新規プロセッサに導入される予定です。フリースケールは自動車市場で、この技術における唯一のプロバイダとなります。

フリースケールは、画像認識処理を車載カメラにて実現する新しいプロセッサの供給を今年中に開始する予定です。CogniVueのAPEX IPを利用すれば、車載カメラを通して周囲の状況を把握して、物体の有無を判断したり、その物体を特定したりすることが可能になります。

フリースケールのオートモーティブ・マイクロコントローラ製品担当副社長であるレイ・コーニンは、次のように述べています。「先進ドライバ・アシスタンス・システムは高性能化の一途をたどっていますが、このシステムを採用しているのは高級車が多く、台数としてはずっと多い大衆車への導入の要求が高まっています。現在の衝突回避システムで一般的に利用されるのは、デジタル・シグナル・プロセッサやフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイです。フリースケールは、CogniVueの画像認識処理IPをプロセッサに統合するという新たなアプローチにより、超並列処理を超低消費電力で小型パッケージにて実現します。」

CogniVueのAPEX画像認識IP
CogniVueは、インテリジェント・イメージング向けのフル・プログラマブルな並列処理IPを提供しています。スマート・カメラを通して映像と画像の取り込み、分析、および描画を処理するその製品は、車載視覚システムやスマート・ビデオ・モニタの市場で利用されています。CogniVueのAPEX技術では、画像と映像の情報を取り込むだけではなく、1つの光景からアプリケーションに必要な情報を抽出し、その画像データを解釈して、抽出したデータに基づいて判定を行ったり処理を実行したりすることが可能です。スマート・カメラは、パターンの認識、検出、分類のアルゴリズムにより自動車の周囲の物体や人を検出し、その距離を計測して、衝突の危険があることをドライバに警告することができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング