Tokyo SuperStar Award 2013にて企業賞を受賞

PR TIMES / 2013年12月9日 16時15分

2013年12月7日(土)発表 反同性愛法反対キャンペーン(2013年9月実施)の功績が評価

株式会社ラッシュジャパン(本社:神奈川県愛甲郡愛川町)は、2013年12月7日(土)、社会とLGBTの架け橋を築いたスーパースターを発表する「Tokyo SuperStar Award 2013(以下、TSSA)」において、企業賞を受賞しました。



※LGBTとは…レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル、トランスジェンダーの総称。生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方をもつ人を指す。

TSSAではコミュニティ賞やメディア賞など計6つの賞が設けられており、ラッシュジャパンは2013年9月に実施した反同性愛法反対キャンペーンにおける功績が認められ、企業賞を受賞しました。ロシアで成立した反同性愛法に異議を唱えるため、LGBTの権利を守るグローバルキャンペーン団体All Outと共にラッシュが世界各国で展開したキャンペーンを通して、ショップやSNSにおけるメッセージの拡散に貢献したことが高く評価され、今回の受賞へと至りました。

ラッシュジャパンは、これからもエシカルカンパニーとして社会問題の解決に継続して取り組むとともに、自分らしさを表現できる社会の実現を目指して活動を続けます。


Tokyo SuperStar Awardとは
Tokyo SuperStar Award実行委員会主催の、社会とLGBTの架け橋を築いたスーパースターを発表するアワード。カルチャー賞、コミュニティ賞、海外賞、企業賞、メディア賞、特別賞の6つの賞が設けられ、インターネットを通じて一般投票を募り、受賞者が決定する。
※投票集計期間:2013年9月7日(土)~10月31日(木)


【写真】TSSA授賞式の様子 (株式会社ラッシュジャパン授賞式出席者)
左:アレサンドロ・コミッソ(head of international brand)/右:高橋麻帆(チャリティ・キャンペーンマネージャー)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング